2015.12.02

盛岡の監督に内定、明治大の神川明彦総監督の知られざる選手時代と、長年の指導を経て見いだした育成スタイル

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

kamikawa

インタビュー=酒井伸 写真=酒井伸、Getty Images

 長友佑都や山田大記ら多くのプロサッカー選手を輩出した明治大学サッカー部の神川明彦総監督。来シーズンからグルージャ盛岡を率いる指揮官が、自身のキャリアから見いだした、選手育成に懸ける想いとは。

「監督をやらせてください、やらせてくれないのなら明治大を辞めます」

――これまでの自身のキャリアを振り返って、鎌倉高校時代と明治大学時代はどんなプレーヤーでしたか?
神川 パスが得意なMFでした。決してうまくはなかったので、一生懸命にがんばる選手でしたね。

――高校時代は全国高等学校総合体育大会(インターハイ)と全国高校サッカー選手権大会、神奈川県選抜として国民体育大会にも出場しました。
神川 インターハイは2年生の時に出場したのですが、ちょうど調子を落としてしまい、監督に怒られて1回戦はメンバーから外されてしまいました。2回戦の宮崎工業高校戦では、オフェンシブハーフで使ってもらって1点取れて、そこから吹っきれましたね。ベスト16で負けてしまった帝京高校戦は、延長戦までもつれたんですけど、フル出場しました。自分なりにしっかりとボールをつないで、攻撃や守備に奔走しました。

――冬の選手権はどうでしたか?
神川 サイドバックを務めていた3年生がインターハイで引退してしまって、僕に白羽の矢が立ったんですよ。すると、中盤の360度の世界から、後ろからのプレッシャーがない前向きの世界に変わって、伸び伸びとプレーができました。当時としては珍しい攻撃型のサイドバックでどんどんオーバーラップをして、シュートまで持ちこんでいました。全国大会では、大分工業高校にPK戦で負けてしまいましたが、その試合も攻撃的にプレーできて面白かったです。2年生で唯一PKを蹴らせてもらい、しっかりと決めることができたので、3年生には恩返しができたかなと思っています。

――全国優勝を果たした国体での思い出はありますか?
神川 国体に出たのは3年生の時で、山本富士雄(元桐蔭学園高校監督)がキャプテンで、僕が副キャプテン。FWには福田正博(元浦和レッズ)がいて、彼にボールを預ければ、点を取ってくれました。僕はボランチで、相手のエースを抑えながら、ボールを供給していました。

――高校2年の時の選手権ではサイドバック、3年生の国体の時はMFということですね?
神川 はい。公文裕明(現横浜F・マリノス強化部)や、堀孝史(現浦和レッズコーチ)といったすごい選手とプレーできたのは良い思い出です。

――3年生の時の選手権はどうでしたか?
神川 藤沢西高校という伏兵に敗れて、ベスト4で自分の高校サッカーは終わってしまいしました。その時は「サッカーを辞めようかな」と思っていたんです。大学で教職課程を取って、サッカーの指導者になろうかなと思って。だけど、不完全燃焼になってしまって、「これはサッカーを続けなければいけない。明治大学でがんばろう」と決めました。

――当時の明治大サッカー部はどのカテゴリーに属していたのでしょうか?
神川 僕が高校3年生の時は2部でしたが、入学前にちょうど1部に上がりました。

――高校時代と比べて、大学時代のプレーはいかがでしたか?
神川 入部したら、周りがうまい選手ばかりでビックリしましたよ。神奈川県選抜で国体を優勝した程度ではダメで、「上には上がいる」というのが最初の実感です。ただ、がんばれば試合には出られるかなとは思いました。

――それはなぜですか?
神川 みんな高校時代に燃え尽きていて、がんばらないから。とにかく生活規範が全くなっていなくて、ご飯をちゃんと食べていなかったんです。来る大学を間違えたと思い、1年生の最初の頃はすごく萎えましたよ。だけど、自分で考えた道だし、たった4年間、自分の選んだことを全うできない人間に、その後の社会人人生を全うできるわけがないと考え、できることからやろうと決めました。

――今の明治大とは全く違いますね。
神川 今は自分が選手だったら、「この環境でサッカーがやりたい」、「明治大に入りたい」と思う明治大の姿です。

――明治大での実績はどうでしたか?
神川 1年生では全く試合に出られなくて応援団をやっていました。2年生の春先から使ってもらってましたけど、あまりプレーが良くなかったので、鎌倉高からきた後輩の堀孝史にポジションを奪われました。3年生の時に出場した総理大臣杯では準決勝と3位決定戦に途中出場しましたが、そこが大学時代のピークです。あとはリーグ戦くらいしか出ていません。

――高校時代と比べると物足りなさも感じますが。
神川 そうですね。戻れるのなら大学よりも高校に戻りたいです(笑)。高校時代はすごく充実していたので。

――2004年に明治大学の監督に就任されましたが、それまでは?
神川 1994年から10年間コーチを務めていました。1989年に明治大学に就職、1992年くらいから指導者の勉強をして、1993年に一番下のライセンスを取ることができました。94年から2部で低迷する明治大のコーチをやらせてくれと自分から言って、入れさせてもらいました。

――コーチを務めていた10年間はいかがでしたか?
神川 当時の吉見章監督がすごく優しくて、僕は厳しいコーチでした。ですから、選手が監督の方に流れてしまうんですよ。僕の考えが伝わりづらかったし、いろいろな意味で未熟で、難しい時期でした。それからもっと勉強しようと思って、神奈川県のサッカーアカデミーというジュニアユースやユース年代の強化システムのコーチに入れてもらって、1997年の大阪国体に少年の部のコーチとして参加しました。その後は関東A、B選抜のコーチもやりました。佐伯直哉(元東京ヴェルディ等)や金沢浄(元FC東京など)との出会いもありましたし、いろいろないい経験をさせてもらいました。また、この7年間でA級ライセンスまで取れました。

――コーチをしながらライセンスを取っていったわけですね。
神川 はい。明治大の職員をやりながら、時間を見つけてはグラウンドに行き、Bチームを中心に指導をして、チャンスがあればライセンスを取りに行っていました。

――2004年には監督に就任されました。きっかけは何だったのですか?
神川 それまで関東大学リーグは8チームによる前後期14試合のリーグ戦でした。しかし、2003年に関東大学サッカー連盟が、2005年から今のスタイルの12チーム制にするという大きな改革を発表しました。その時に明治大のコーチをやりながら、ユニバーシアード代表のコーチも務め、選手の選考をしていました。岩政大樹(ファジアーノ岡山)や田代有三(セレッソ大阪)、山崎雅人(モンテディオ山形)らとともに、第22回の大邱大会で優勝しました。それが大きな自信になりましたね。もう一つ自信を深めたのが、インディペンデンスリーグ(Iリーグ)です。このリーグは2003年に関西と関東の2地域でスタートしました。明治大の参加も決まって、Iリーグの監督も務めることになったんです。1年の長丁場でのリーグ戦の指揮を執れるのは、素晴らしい経験でした。ユニバのコーチとIリーグの監督を並行しながらやって、両方とも優勝できた時、自分のやり方が間違っていなかったと実感しました。

――主にどんなことに取り組んだのですか?
神川 今も継続している、朝6時からの練習です。これがすごい自信を深めました。ユニバで金メダルを取った9月以降、Iリーグで勝っていたこともあって、選手たちの見る目が変わり、「これなら監督でもいけるな」と感じました。その頃、トップチームを見てみると、成績が芳しくなかったので、井澤千秋さん(現GM)と吉見章監督(当時)の前で「監督をやらせてください、やらせてくれないのなら明治大を辞めます」と断言しました。監督に就任させてもらい、2部で準優勝をして、2005シーズンから1部に自動昇格。結果、今シーズンまでずっと1部にい続けることができています。

理想は高校からプロへという‟王道”で育てるべきです。大学経由は、経験を補うものでしかない

kamikawa2

――これまで多くのプロサッカー選手を輩出されていますが、特に印象に残っている選手はいますか?
神川 山田大記(カールスルーエSC)は練習参加に来た時からとてもうまくて、ボール回しの際に、明治大トップチームの選手が束になってボールを取りに行っても、取れないんですよ。「何やってんだ、高校生相手に!」と怒ってしまいました。入部前の最初の練習からトップチームだったので、先輩が「お前、練習やったことないのにトップチームなんだ」と嫌味っぽく言ってましたよ(笑)。高校卒業前の2月に静岡遠征に行きましたが、もうスタメンで使っていました。

――何が一番うまかったのですか?
神川 まずはボールを取られない。ドリブル、パスもうまいし、走れて献身的で何でもできる選手でした。苦手なのはヘディングくらい。2007年はリーグ優勝した年ですが、1年生で開幕スタメンでしたよ。

――8月に2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選を戦う日本代表にも選出された丸山祐市選手(FC東京)はいかがでしたか?
神川 彼は指定校推薦で國学院久我山高校から入ってきました。高校時代に膝の大けがをしてしまって、高校3年間はほとんどサッカーをやっていませんでした。彼にとって明治大は最後のサッカー生活4年間という位置づけだったと思います。最初から必死で、痛々しいテーピングを毎回巻きながらプレーしていたので、「大丈夫なのか?」って聞いたら、「これお守りなんです」と言っていました。彼も技術的にやれる選手で、程なくしてトップチームに上げました。

――2014年度には矢田旭(名古屋グランパス)も輩出しました。
神川 高校2年の時から注目していましたが、名古屋グランパスU18からトップに上がると思っていました。しかし、明治大のセレクションの時に彼の名前があったんです。当時名古屋グランパスの強化部だった久米一正さんから連絡がきて推薦していただき、プレッシャーを感じましたね。彼は3年の時に両肩を手術して、1年間プレーができなかった。けがから戻ってきたら覚悟と決意の塊で、必死にやっていました。

――近年の大学サッカー界全体についてお聞きしますが、昔と比べて変化は感じますか?
神川 選手が意欲を持って、大学サッカーの門を叩いているので、やる気やモチベーションが高くなっています。プレミアリーグやプリンスリーグが導入され、入学してくる1年生のレベルが飛躍的に高まりました。高校年代でもリーグ戦が行われ、レベルは急激に高くなっていますので、大学の指導者がもっと勉強しなくてはいけないと感じます。それくらい高校やクラブで指導を受けているんです。サッカーの本質を追求させることや、やりきれていないところを大学で鍛えてあげないといけないと思います。また、指導者がもっとオープンマインドでやっていくことも必要です。それぞれの大学の色に選手を染めすぎてしまうことがありますが、僕の持論として、選手が持っている個性や強みを引きだすチーム作りが必要と考えています。明治大でしか通用しないプレーを身につけさせる気はなく、どこのカテゴリーに行っても、どんな監督が来ても評価されるような先につながることしかやっていません。人間的な育成も同じで、どこの世界でも通用するマナーや人間性が必要。質実剛健ではないですけど、中身のある選手を育てようというのが、我々のここ十数年の取り組みです。

――ユース、高校から大学を経由してプロへ加入する選手が増えていると思いますが、その傾向についてはどのように感じていますか?
神川 それは王道ではないですよね。僕はJクラブがジュニアユースからユース、そしてトップへときちんと育てあげるべきだと思っています。もちろん、ジュニアユースからユースに上がれなかった中村俊輔選手(横浜F・マリノス)や本田圭佑選手(ACミラン)のように高体連に行って、鍛えられてJに行くことはいいと思います。18歳でプロデビューする選手がたくさん出てこないと、この国のサッカーは強くならない。大学に行くことは一見遠回りのようで近道だという見方もあるけれども、やっぱりJのトップになる選手にはそれはいりません。山田や小林裕紀(アルビレックス新潟)、長友佑都(インテル)は大学3年間の経験があれば、十分プロでやっていけました。必ずしも明治大でプレーすることが彼らにとってプラスになるとは思いません。矢田のように出戻りする選手もいるので、大学も無視できませんが、理想は高校からプロへという‟王道”で育てるべきです。大学経由は、経験を補うものでしかないというのが僕の考えです。

――その中で大学を経由するメリットは何だと思いますか?
神川 18歳までに積み残したものを大学で整理して、さらに伸ばしていくという4年間の意味は大きいです。

――プレーはもちろんのこと、プレー以外で選手に求めていることはありますか?
神川 ピッチ外の行動は常に見ていて、日頃から努力することを求めています。大学サッカーは体作りだけでなく、大学に通っていろいろな価値観を吸収し、学び、成長させることも大切です。努力をしない選手は淘汰されるようになっています。規則正しく生き、繰り返し行える能力が大事です。「精神的な持久力」と、僕はよく言いますが、それを持っていない選手は難しいですね。

――逆に指導者にとって大事なことは何ですか?
神川 指導者やチーム側の忍耐や我慢がすごく大事だと思っていますが、現状はそれが足りない気がします。厳しく鍛えても、結果が出てこないことがあるかもしれません。しかし、それを続けるしかないと思っています。トップチームの負荷や強度に合わせているから若手が育たない。また、18から22歳の選手に必要なのはサッカーだけではなく、社会を知るということ。サッカー以外のカリキュラムが少ないので、もっとジュニアユース世代から取り組むべきだと思います。

――Jクラブとしてもっと見直すことがある?
神川 そうです。学校教育だけではなく、経済観念、人への感謝、努力することの尊さなどJだからできることにもっと触れさせてあげるべき。「失敗は成功の母」と言いますが、失敗を見ないと、失敗を受け入れられない人間になってしまいます。サッカーは失敗の連続のスポーツですから、失敗していいんです。失敗から何を学び取り、どのように成功へと導くかが大事です。指導者に言われてやるのか、自分自身からできるように育てあげるのかも違うと思っています。