2012.03.04

【インタビュー】ジエゴ「どこが相手だろうと絶対に負ける気はしない」

ワールドサッカーキング 2012.03.15(No.209)掲載]
今、ジエゴの創造性と献身ぶりが、アトレティコ・マドリーの攻撃を活性化させている。彼に、独りよがりなプレーや奔放すぎる言動で周囲を混乱させたかつての面影はない。ここマドリッドでジエゴは、ようやく「自由と制約のバランス」を手に入れたのだ。
ジエゴ

インタビュー・文=ホセ・フェリックス・ディアス・フェルナンデス 翻訳・構成=高山 港

 ヴォルフスブルクでは邪魔者扱いされるかのような形でレンタル移籍を強いられたジエゴが、ここマドリッドでは、アトレティコ・マドリーの命運を握るスター選手として迎え入れられた。だが、シーズンの序盤戦は、彼が司令塔としての本領を発揮するには至らなかった。彼自身はスペインサッカーにすぐに順応できたものの、チームの不振がジエゴの実力発揮を妨げたのだ。

 ところが昨年末、ディエゴ・シメオネが監督に就任したことでチームは大きな変化を遂げる。チームが勝ち点を積み重ねると同時に、ジエゴが本来の持ち味を十分に発揮するようになったのだ。シメオネは、それまで1トップで戦った布陣に手直しを入れた。アドリアン・ロペスとラダメル・ファルカオで2トップを構成、その背後にジエゴを据えた布陣が功を奏する。

 ジエゴはこう語る。「チームメートにラストパスを送ることに喜びを感じている。できれば、ヨーロッパリーグ(以下EL)の優勝トロフィーを手にしたい。そしてリーガでは4位以内に入ってチャンピオンズリーグ(以下CL)出場権を手にしたい」 スペインの地で完全復活を遂げた司令塔は新生アトレティコに栄光をもたらすべく、死力を尽くすことを誓っている。ジエゴのキャリアはまだまだこれから輝くはずだ。

今の俺たちならどこが相手だろうと絶対に負ける気はしないね。

ディエゴ・シメオネが監督に就任して以来、チーム状態は一気に向上した。好調の要因はどこにあると思う?

ジエゴ 確かに今のアトレティコはすごく良い時期を過ごしていると思う。チョロ(シメオネの愛称)が監督に就任してから負けていないからね。チームには優れた選手がそろっているし、全員がプレーすることに喜びを感じている。今の俺たちならどこが相手だろうと絶対に負ける気はしないね。チョロが来るまでは自分たちが劣っているという意識がどこかにあったけど、今の俺たちは確信を持ってプレーしている。それに、この数カ月、チームとしてすごく成長したという手応えを感じているんだ。

シメオネ監督はどうやってその自信を君たちに植え付けたの?

ジエゴ 監督が俺たちに伝えたことは「しっかり守ること」、「すべてのボールに積極的に絡むこと」、「ピッチ上を走り回ること」だけさ。自信を失っているチームにとって明確なコンセプトを示してくれる指揮官の存在は大きかった。先のことは考えず次の試合に集中することや、謙虚さを持って試合に臨むということの重要性を改めて分からせてくれたんだ。

君自身も本来の調子を取り戻しているように見えるけど、今のコンディションはどう?

ジエゴ すごくいいよ。今の俺はモチベーションに溢れている。チームにも完璧に順応したし、最高の状態にあると自信を持って言える。

リーガ・エスパニョーラのリズムに適応するのは大変だった?

ジエゴ いや、比較的簡単に順応できたと思う。リーガでは主としてボールコントロールが重要視されるんだ。そういったプレーには自信があったから、それほど苦労することはなかったな。

でも、前半戦は思うようなプレーができなかったよね。

ジエゴ シーズン序盤はチームとして全く機能していなかったんだ。そんな中で自分が描いたサッカーをすることは不可能だった。

グレゴリオ・マンサーノは君を生かすことができなかったのかな?

ジエゴ チームが機能しなかったことをマンサーノの責任だなんて言うつもりはない。彼は良い監督だったし、人間的にも素晴らしい人だと思う。もっとも、それが監督という仕事をする妨げになったのかもしれないけどね。

シメオネ監督のチームで求められている役割は?

ジエゴ 攻撃面では完全に自由を許されていて、相手のマークを外すためにポジションを気にせず動いていいと言われている。ただ、それはあくまでも攻撃面だけのこと。相手にボールが渡ったら、すぐにプレスを掛けることは絶対的な約束事なんだ。

シメオネから戦術的アドバイスを受けることはあるの?

ジエゴ 個人的にはないけど、チョロがいつも口にしているのは、全員が全力を尽くすこと、チームのために自己犠牲を惜しまないことだね。つまり良い結果を得るためには、全員で攻め、全員で守る気持ちでプレーしなくてはならないんだ。

under_14.jpg
WSK
amazon
ワールドサッカーキング No.209
【徹底分析】ヨーロッパ戦術革命
▼グアルディオラを追うモウリーニョの戦い
▼インタビュー チャビ「美しきサッカーの体現者」
▼インタビュー ジエゴ「自由と制約のバランス」
▼インタビュー ピルロ「自分を信じ続ける力」
▼インタビュー連載 モウリーニョ「挑戦を楽しむ」
▼ユーロ2012出場国ファイル「フランス代表」
▼特別付録 WSKオリジナル・ポスター(ラメラ/バルセロナ)

定価:570円(税込)   >>誌面の詳しい内容はこちら

サイト人気記事ランキング