2011.11.29

ロンドンへ一歩近づいたシリア戦、悔やまれるのは開始直後の“ふたつのプレー”

U-22日本代表

写真=足立雅史

 U-22シリア代表は強かった。ロンドン五輪アジア最終予選で対戦した3カ国のなかで、一番の強敵だったのは疑いがない。

 そのシリアを下したのである。11月27日に国立競技場でつかんだ2-1の勝利は、関塚隆監督が率いるU-22日本代表をロンドンへ一歩近づけたと言える。結果はともかく最初に触れておきたいのは、シリアの背番号10を着けていたオマル・アルスマだ。私がJクラブの強化関係者なら、すぐにでも彼の調査に乗り出す。192センチの長身でありながら足元が柔らかく、空中戦に頼らない幅広いプレーを持つこの21歳なら、Jリーグでも十分にやっていける。即戦力とストライカーとなれる。

 シリアの国情を考えれば、たとえばブラジル人より間違いなく金額的に安価だろう。日本のサッカースタイルや文化への適応に時間がかかるとしても、アジア枠を使えばリスクは少ない。費用対効果は見込める。何よりも、192センチの高さにスランプはない。絶対的な強みとなる。こういう選手の獲得に乗り出すのは、クラブ経営としてあるべき姿だと思うのだが。

 それはともかくして、日本の戦いぶりである。選手のコメントをなぞっていくと、試合の構図はこんな感じになる。

 前半の戦いぶりはおおむね納得できるものだった。しかし、1-0とリードした後半にシリアが攻勢に出てきたところで、うまくゲームを運べなかった──追加点を奪えるチャンスを生かせば、もう少し落ち着いて試合を進められた、という悔しさも加味されている。

 そのとおりではある。ただ、私自身が気になったのは前半開始直後である。具体的に言えば、4-2-3-1の1トップを務めた大迫のプレーだ。

 キックオフ間もない1分、日本が相手の攻撃を跳ね返す。山田直が中央からドリブルで持ち出し、左サイドへ開いた大迫へつなぐ。一対一の局面である。目の前の敵を抜きされば、一気にフィニッシュへ持ち込める。

 おそらくは大迫自身も、フィニッシュのイメージは抱いていたのだろう。得意の右足でシュートを打てる態勢へ持ち込もうとしたが、チェックにくるDFこそかわすことはできたものの、そのぶんだけ時間を費やしてしまった。シュートコースは塞がれ、ボランチの山口へボールを下げることとなってしまった。

 プレーの選択としては、悪くなかったかもしれない。ただ、ボールを失ったところで、カウンターを浴びるリスクは少ない。勝負をしてもいい場面である。ましてや、キックオフ直後の時間帯だ。ここでフィニッシュへつなげ、相手GKを脅かすことになれば、相手のサイドバックやボランチは警戒心を強める。大迫が放つシュートには、相手の2列目や3列目の選手に攻撃参加をためらわせる抑止効果があるのだ。それだけに、積極的な仕掛けが望まれたシーンだった。

 10分にも同じような形があった。左サイドのタッチライン際で大津からパスを受けると、対峙する相手センターバックをカットインしてかわす。ペナルティエリア手前でシュートコースが開けたが、大迫はゴール前へ走り込んだ東へのパスを選択した。選択してしまった。

 直後の13分、右ショートコーナーの流れからようやくシュートを放ったが、DFに余裕をもってブロックされた。「意欲的に」といった表現が持ち出されそうだが、まずは10分のシーンでこそ打つべきであり、そこで際どい一撃を浴びせていれば、この局面でも相手の対応が変わっていたかもしれない。

 1-1で迎えた86分にダイビングヘッドを決めた大津が、この試合でも勝利の立役者となった。バーレーン戦に続く2試合連続弾である。数週間前まではほとんど期待されていなかった背番号14によって、日本は当面の敵を退けることができた。

 大津のような新たなヒーローの登場は、もちろん歓迎すべきである。こうした予選を突破するにあたっては、ラッキーボーイと呼ばれる選手が不可欠だ。ボルシアMGからやってきた大津は、清武と原口を欠いた日本に幸運をもたらしてくれた。

 ただ、ヒーローになれる可能性のあった選手が、自らその資格を譲っていたとしたら残念と言うほかない。大迫は1トップである。ためらいなくシュートを打つべきポジションにいる。開始10分までのふたつのプレーで彼がシュートへ持ち込んでいたら、ゲームの行方は違ったものに──それもポジティブな方向へ、変わっていたと思うのである。

【戸塚啓 @kei166】 1968年生まれ。サッカー専門誌を経て、フランス・ワールドカップ後の98年秋からフリーに。ワールドカップは4大会連続で取材。日本代表の国際Aマッ チは91年から取材を続けている。2002年より大宮アルディージャ公式ライターとしても活動。著書には 『マリーシア(駆け引き)が日本のサッカーを強くする(光文社新書)』、『世界に一つだけの日本サッカー──日本サッカー改造論』(出版芸術社)、『新・ サッカー戦術論』(成美堂出版)、『覚醒せよ、日本人ストライカーたち』(朝日新聞出版)などがある。昨年12月に最新著書『世界基準サッカーの戦術と技術』(新星出版社)が発売。『戸塚啓のトツカ系サッカー』ライブドアより月500円で配信中!