2015.01.16

冬のメルカート、注目は“無料選手”?/イタリア現地直送コラム

ポドルスキ
インテルに移籍したポドルスキ [写真]=Getty Images

 5日から冬のメルカートが解禁となった。すでに国外からはドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがインテル、イタリア代表MFアレッシオ・チェルチはミラン、そしてサンプドリアのイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニのナポリへの移籍が決まった。

 昨年、ブラジル・ワールドカップで世界一に輝いたポドルスキも、アーセナルでは12月9日からフル出場しておらず新天地での再起が期待されている。過去、インテルに所属したドイツ人選手はユルゲン・クリンスマン、ローター・マテウス、カール・ハインツ・ルンメニゲ、ゲルト・ミュラーらサッカー史に名前を残したプレーヤーばかり。彼らに続けるかどうか、その“足”にかかっている。

d
ミランに加入したチェルチ [写真]=Getty Images

 チェルチはセリエAに戻ってきた一人だ。トリノから移ったアトレティコ・マドリードでは結果が出せなかった。右ウイングの本田圭佑がアジアカップでいない間、同じポジションでどんなパフォーマンスを見せるか。2月以降、本田はまたレギュラー争いが始まることになる。

ガッビアディーニ
ナポリに移籍したガッビアディーニ [写真]=Getty Images

 ガッビアディーニは186センチの大型ストライカーで、サンプドリアでは7得点を挙げた期待の星だ。ナポリはラツィオやサンプドリアとチャンピオンズリーグ出場権をかけての3位争いを繰り広げている。ガッビアディーニのゴールが、古巣サンプドリアとの順位争いを決定づける、なんていうことも起こるかもしれない。

 メルカートでは今シーズン末で契約期限切れする選手とクラブのコンタクトも認められている。セリエAで95人もいる選手の中には「契約延長しない」と公言しているフィオレンティーナのブラジル人GKネトがいる。ユヴェントスからのコンタクトがあるようで、犬猿の仲であるクラブへの移籍話にサポーターは激怒し反発している。そのユーヴェのセヴァスティアン・ジョヴィンコにマルコ・ストラーリ、インテルのアンドレア・ラノッキア、ラツィオのステファノ・マウリ、またフィオレンティーナのアルベルト・アクイラーニも今季限りで別のクラブへ行く可能性が高い。ゴールを量産しているヴェローナのベテラン、ルカ・トーニはイタリア以外のリーグへ行く可能性もあるのか。

アバーテ
今シーズン限りで契約が切れるアバーテ [写真]=Getty Images

 ミランでは本田との右サイドのコンビネーションがうまくいっているDFイグナツィオ・アバーテ、出番が少ないジャンパオロ・パッツィーニ、そしてCBのフィリップ・メクセスの契約が切れる。クラブとしては来シーズンをも見据えた長期的な展望で、これらの選手たちとの交渉に当たるに違いない。セリエAのクラブは財政面が苦しいところが多い。そんな中、何といっても移籍金ゼロで獲得できるこれらの選手は、お財布にやさしくありがたいはず。これらの選手の移籍事情にも注目して、メルカートの情報を追ってみると面白いだろう。

赤星敬子(あかほし・けいこ)。1969年1月14日生まれ。兵庫県出身。大学卒業後、91年に大阪日刊スポーツに入社。96年に退社後、サッカー好きが高じて97年1月に渡伊。99年夏からデイリースポーツ新聞社通信員として活動を始める。イタリア・サッカーやセリエAの日本人選手について、雑誌や携帯サイトなどに執筆中。イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

サイト人気記事ランキング