2013.08.19

EXILE CUP 2013北海道大会で3度目の出場となるSTS 千歳ペレーダが悲願の初優勝

 今夏で4回目を迎え、フットサルに励む少年少女の“登竜門”として注目を集める「EXILE CUP 2013」の北海道大会が、8月12日に開催された。小学校4年生から6年生を対象とした同大会は、子どもたちの夢をサポートするEXILEの熱い思いとともに歩んで来た。会場となった札幌サッカーアミューズメントパークには、道内を代表する選手たちが一同に介し、6カ所設けられたフィールドで熱戦が繰り広げられた。開会式には、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー、白濱亜嵐と小森隼、中務裕太の3人が駆け付け、「サッカーは将来、きっといろんなのことにつながってくると思います。悔いのないように全力で頑張ってください」と激励。試合の合間にも選手たちと交流を楽しんでいた。

 48チームが参加した予選リーグの中で印象的だったのは、唯一女子だけで構成された札幌信濃キッズが、並みいる男子選手と果敢にボールを奪い合う姿。健闘むなしく予選で敗退となってしまったが、越智敏博監督が「今まで男子チームと対戦したことがなかったので、とても貴重な経験になりました」と語れば、星野小夜(せれな)キャプテンも「いい勉強になりました。負けたのは悔しいけれど、ドリブルで交わせた場面もあったのでうれしかったです」とさわやかな笑顔を見せていた。また、今回の参加チームの中で最も遠方となる網走地域から参加した留辺蘂FCネイビーバードは、1勝1敗で勝ち点3を獲得するも「懸念していた移動の疲れが出てしまい、自分たちの本当の力が出せなかった」と内田典幸監督が肩を落としたように、信条とするパスサッカーを発揮することができず、キャプテンの三浦佑太君も唇を噛み締めたまま悔しさをにじませていた。

 各ブロック1位の計16チームが進出した決勝トーナメントは、すべてのピッチで質の高いゲームが展開された。突然の雷雨など、めまぐるしく変化したこの日の過酷な気象条件をはね退け、3位に輝いたのは恵庭FC A。3位決定戦前半は1-2のビハインドで折り返したが、後半は攻めに転じて、3-2のスコアで鮮やかな逆転勝利を収め、選手たちはガッツポーズで勝利を喜んだ。迎えた決勝戦では初出場のYELL FOOTBALL CLUBと、3度目の参戦でついに悲願の決勝進出を果たしたSTS 千歳ペレーダが対戦。試合開始直後、STS 千歳ペレーダの背番号10を背負う佐藤勘太君が、巧みなステップから先制点をもぎ取ると、さらに前半5分過ぎには佐藤君からの鮮やかなスルーパスに反応した背番号11の藪中海皇(かいおう)君が追加点をマークした。劣勢に立たされたYELL FOOTBALL CLUBだったが、その直後に1点を返して追撃態勢へ。しかし、7分に佐藤君が再び個人技から鋭いシュートを放ち、前半は3-1とSTS 千歳ペレーダが圧倒して終了した。ところが後半になると、YELL FOOTBALL CLUBが徐々にボール支配率を高める展開に。後半開始早々に2点目をマークすると、終了間際の8分にはついに同点に追い付き、勝負の行方は大会規定により3対3のPK戦に委ねられた。

 この熱戦を制したのは、3人全員がゴールを決めたSTS 千歳ペレーダ。ついに頂点に立った白木龍一監督は「週1回しか練習できない環境の中で、この2年間選手たちがよく頑張ってくれました。いつも通りのサッカーができたことが勝因です」と謙虚に大会を振り返っていた。一方、惜しくも敗れたYELL FOOTBALL CLUBの伊藤賢一監督は「初出場で決勝まで進めたのは大きな収穫。これからもパスを丁寧につなぐサッカーを目指していきます」と志を新たにしていた。決勝戦ですべての得点に絡んだSTS 千歳ペレーダの佐藤勘太君が「得点を取ろうと意識しすぎて、予選や決勝トーナメントは苦しい試合が多かったです。でも、最後に自分たちの試合ができました」と微笑むと、チームをけん引したキャプテンの佐々木雄大君も「普段は言いたいことを言い合って、大事な時に一丸になれるのがこのチームの良さ。10月の決勝大会でも、自分たちらしく戦いたいです」と目を輝かせていた。彼らの次なる目標はもちろん、北海道勢初の全国制覇だ。

文=青柳健司
写真=伊東雄一