2012.08.23

欧州新シーズン開幕企画! やべっちインタビュー「香川選手はやってくれると思います」

『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』でメインMCを務めるナインティナインの矢部浩之さん。ロンドン・オリンピックの日本戦も男女ともに「全試合見た」という矢部さんに、オリンピックの感想、欧州新シーズンの展望、そして番組を通じてサッカーファンに伝えたいことを聞いてみた。

矢部浩之
インタビュー=浅野祐介 写真=足立雅史

──この夏のロンドン・オリンピック、男女サッカーはご覧になりましたか?
矢部「見ましたね、全部見ました。実は、夏休みでハワイ島に行っていた時期があって、『ホンジュラス戦は見られへんな』って思いましたけど、結局、朝5時に起きて見ましたしね(笑)」

──男女ともにベスト4進出。女子は決勝へと進みました。それぞれ躍進の理由はどこにあったと思いますか?
矢部「なでしこはワールドカップで世界一になって、国民の関心も“世界一”になっていった中で、そこからからずっと勢いを持続させた。その勢いがロンドン・オリンピックにもだいぶ影響したんじゃないですかね。変な言い方ですけど、決勝も、負けてはしまいましたが、ワールドカップの決勝よりも力の差はむしろなくなっているように感じましたし、本当に面白い、見応えのある試合でした」

──矢部さんが選ぶなでしこジャパンのMVPは?
矢部「まず、福元(美穂)選手は神懸かっていましたよね。でも、やっぱりトータルで、澤(穂希)選手ですかね。それはもう、リスペクトも入っているんですけど。サッカー選手の年齢としては決してもう若くはないですし、体調も崩しながらの、でも、オリンピックに入ってから徐々に調子を上げていったんで。インタビューとかを見ていても、どんどん“締まっていく”のも伝わってきたから、『プロやな』って思いましたね。あのコンディションの持って行き方は、若い選手やったらできないんじゃないかって思って。やっぱり経験とプロ意識で、トータル澤選手かな。あとは、大儀見優季選手もまた、自信というか、こんだけ変わるもんやなって」

──『大儀見』という新しい苗字を完全に浸透させましたもんね。
「ホンマですよね。でも、『大儀見』で良かったと思います。ちょっと『ウン』って、よくある苗字じゃないから、こう逆に入ってきやすいんかなって。割と一般的な名字だったら、もうちょっと時間かかってたかなって思います。大儀見ってやっぱり、入ってきますよね」

──次に男子はいかがですか?
「もう、胸張って帰ってきてくださいと思いましたね」

──男子で特に注目していた選手は?
「注目していたのは清武(弘嗣)選手ですね。これは好みもあるんですけど。あと、やっぱり結果的には永井(謙佑)選手なんでしょうね。すごいですよね。それから、大津(祐樹)選手もキレていましたし、一人だけ挙げるのは難しいです」

──では、印象に残るシーンはいかがですか?
「モロッコ戦で、まったくスペースを見ずに清武選手がポーンっと浮かして永井選手が決めた得点シーン。あれはちょっとシビレましたね。走り込む永井選手のスピードを信じて、そこにピンポイントで出して応えるっていう。もちろん、永井選手もすごいですけど、あのシーン、好きなのは清武選手のパスなんですよね」

──オリンピックの活躍を受けて、また話を聞きたいなっていう選手は誰ですか?

「永井選手はもうちょっとしゃべってみたいんですよね。ロンドン・オリンピックのメンバーは時間がない中で番組に出てくれたんですけど、結構、面と向かってしゃべると『あれっ、割とおとなしめなのかな』って。慣れたらたぶんしゃべってくれるんでしょうけど、もうちょっとしゃべってみたいなって思いましたね」

──大会を通じてサブイボが立った瞬間は、清武選手から永井選手へのパスのシーンですか?
「サブイボはそうですね、やっぱりあのシーン。それから、衝撃はやっぱりスペイン戦の大津選手。あの決勝ゴールも印象的でした」

香川選手には、ちょっと髪の毛触るぐらいルーニーと距離を縮めてきてほしい

矢部浩之

──矢部さん、本当に試合をたくさん見ていますね。
「そうなんですよね。ちょっとユーロから続いているんですけどね」

──欧州リーグの新シーズンも開幕です。日本人選手も多いですが、注目している選手は誰ですか?

「もちろん、香川(真司)選手は気になりますよね、一番。たくさん大変なこともあるでしょうけど、今、感じて吸収している時期なんやろなって。でも、本当にすごいことですよね。スピード、ドリブルが武器で、しかもビッグクラブに来てくださいって呼ばれる日本人選手って」

──マンチェスター・ユナイテッドに『来てください』と言われる日本人選手。ちょっとテンション上がりますよね。
「感動しますよね。何か本当、サッカー少年に戻りますね。オッサンですけど(笑)」

──子供たちにとっても夢が広がりますよね。
「本当にそうだと思います。(中村)俊輔選手がセルティックに行っているときも、左足の精度、キックが武器で、やっぱりすごいなって思いましたし、武器を伸ばしたら世界に通用するっていうのは日本人としてうれしいですね。何か未来があるというか。間違いなく日本のサッカーが進化しているなって」

──香川選手が次に番組に出る機会があったら、どういう話を聞いてみたいですか?
「向こうに行く前に『(ウェイン)ルーニーの髪の毛をしっかり見てきて』って香川選手に言ったんですよ。どれくらい性能のいい植毛なのかを確認してほしいなと。ちょっと髪の毛触るぐらいルーニーと距離を縮めてきてほしいですね。あとは真面目な話、やっぱり海外リーグで活躍している日本人選手に聞きたいのは、実際に対戦してみて誰がすごいか、ということ。『実際、誰がビビる?』って、そういうのを聞きたいですよね。何か、ビックリしたいですよね。香川選手から『あの選手、実はあの試合のあのプレーでこうしていた』とか聞いてみたい。“現場”で起こっている細かい話とか知りたいですね」

──どんな活躍を期待しますか?
「もちろん、レギュラーに定着して、それこそリーグ優勝なんかしたら、また評価は上がるし。物怖じせず、やってくれたら、たぶん、結果は出してくれると信じています。ポジション的にも分かりやすいのは得点やろうし、あとは得点につながるアシストとかでしょうね。やってくれると思います。何か物怖じしない感じなんですよね、香川選手って」

──子供たちにとっても親近感がありますよね。
「そうなんですよね。身近な兄ちゃんやから、またいいんでしょうね。そんな身近な兄ちゃんがえらいビッグクラブに行ってもうたから、何か好感持てるんですよね。普段カッコつけてないから。『長澤まさみさんを紹介してください』とか、かわいいなって思うし(笑)」

──ここからは番組と『やべっちF.C. DVD vol.3/4』について話を聞かせてください。DVDにも収録されていますが、『テク-1 グランプリ』や『宿題』等で、特にこの選手の技術がすごいと感じた選手は誰ですか?
「もう、めちゃめちゃいますね。僕も『テク-1』見て、すぐ分かるんですよ。これ自分ができへんヤツや、これできるヤツやって。でも、生放送だから、なんて言うんですか、実は自分の中では分かっているんですけど、正直リアクションできていないんです(笑)。今の合わせ技が多いで、絶対無理やな、とか」

──回を重ねるごとに難易度も上がっていきますよね。
「股関節回し系の連続技はムリですね。最初、股関節回し系では、乾(貴士)選手の技でちょっと苦労して。それ年末の『宿題』だったんですけど、僕できなかったんですよ。練習では2回ぐらいできたんかな。で、後々こういう『テク-1』とかでてきて。乾選手のは、僕がギリやった技の合わせ技ばっかりやから、ちょっと引きましたね、スッと(笑)。歩み寄ろうとはしなかったです。本当に、スッと引きました」

──では、これまで共演してみて特に面白いと思った選手は誰ですか?
「若い世代のほうが面白いですかね。何かノリが、学生のノリなんですよね。ロンドン・オリンピック代表のみんなも、一人ひとりだと最初は固いんですけど、何人かでいると身内のノリができて、何なんでしょうね、ムチャぶりし合うみたいな(笑)」

──ムチャぶりし合うのは学生っぽいですね。
「オリンピックのメンバーには選ばれませんでしたが、比嘉(祐介)選手が印象に残っていますね。『この子むちゃくちゃやな』、『この子むちゃくちゃなこと振るな』って。こっちがお笑いやから、合わせてくれているんですかね。『こんなん求めてはるんでしょ』とか、『こんなんでいいんでしょ』みたいなのを感じるんですよね。若い世代のほうが、まだ羞恥心がないというか、サービスしてくれますね。面白いほうがいいんですよね、みたいな。本当にありがたいですけどね」

──ワードカップで今後対戦したい選手はいらっしゃいますか?
「やっぱり、ボールタッチとかプレースタイルとかを好きな選手とやりたいですよね。もちろん、相手はプロですし、勝てるとなんて思っていないんですけど、やり始めたら小学校からやっているので、結構、『おっ、イケるんちゃう』みたいな瞬間があったりします。でも、特にオリンピック世代とかは、ボール扱いのうまい選手が多いんで、清武選手とかとやってみたいですね。他にも宇佐美(貴史)選手とか、大津選手とか。それと、ワードカップとかで感じるのは、やっぱりプロのほうが負けず嫌いですね。顔変わるときあるんですよ。試合の顔やん、今のって。で、僕がリフティングやワードカップでも勝てるときって、収録の雰囲気なんですよね。ホームなんですよ、僕にとって。カメラマンがブワーって選手に寄ったりして、ちょっと面白いこと言えみたいなプレッシャーになるんですよ。それでちょっと僕は得している部分があるんですね。もちろん純粋にサッカーでは勝てないんで、ちょっとそういうズルい技も(笑)。で、向こうのミスはめっちゃイジリます。めっちゃイジって、メンタル部分で追い込んで、それが成功したときに勝ったりしますね」

──ロンドン組との対戦は楽しみですね。
「そうですね。もちろん遊びでやってくれていると思いますけど、勝ったら、僕もまだイケるんちゃうかって思えますし」

──『やべっちF.C』を通じて、どういったことをサッカーファンに伝えていきたいですか?
「やっぱり一番は、本当に申し訳ないですけど、プロの方とボール蹴っているときは、僕、番組とか視聴者のことほとんど考えていないんですよ。ホンマに楽しんでいるだけで、それを見て『面白かった』と言ってくれるのは本当にありがたく。こっちは勝手やけど楽しんでいるだけで、でも、プロの方とボールを使っている企画はみんなよく見てくれていたりするので、40歳ですけど、まだまだボールは蹴り続けたいですね。それから、どんどん日本のサッカーが進化していってほしいので、ちびっ子は意識していますよね。これから、どんな選手が出てくるか分からないので。本当にバルセロナで10番背負う日本人選手が出るかもしれませんし、そういう夢を僕も見ながら、ちびっ子にも楽しんでもらえたり、これ見て『がんばろう!』ってちびっ子に思ってもらえるような、そういう番組にしていきたいですね」

直筆サイン入り『やべっちF.C. DVD VOL.3/4」セットを抽選で2名様にプレゼント!
矢部浩之

やべっちF.C. DVD VOL.3
【収録内容】

■テク-1 グランプリ傑作選<驚愕のテクニック集>
[出演]小野伸二/狩野健太/乾 貴士/松浦拓弥 ほか

■宇佐美貴史・安田理大 ワードカップ対決
サッカーバレーに古今東西ゲームを組み合わせた新企画!
予測不可能な対決の勝者は?

■山田直輝・原口元気 ワードカップ対決
恥ずかしいお題に震える山田直輝と原口元気
思わず本音がこぼれるワードカップに大苦戦・・・

■澤 穂希・大野 忍・川澄奈穂美 ワードカップ対決
予想外のお題に困惑の澤 穂希!
なでしこジャパンの乙女な部分が丸裸になる!?

■やべっちF.C. VS 日本代表 フットサル対決2010
夢の対決が実現! やべっちF.Cと日本代表がフットサル対決
松井大輔・川島永嗣・槙野智章らが結集! 衝撃の結末は!?

やべっちFC

【特典映像】
ゆきっちF.C. VS あだっちF.C. フットサル対決 前半戦
前田有紀アナも大活躍! 番組未公開のフットサル対決を収録!

【初回プレス盤限定 応募特典】
応募抽選ハガキ封入!
矢部浩之(ナインティナイン)直筆サイン入り『やべっちF.C. 公式ユニフォーム』(非売品)
抽選で5名様にプレゼント! !
※「VOL.4」の賞品とは異なります。
※サイズ、色、柄はお選びいただけません。

【ご応募締切】
2012年8月31日(金)
※当日消印有効
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

やべっちF.C. DVD VOL.4
【収録内容】

■テク-1 グランプリ傑作選<驚愕のテクニック集>
[出演]宇佐美貴史/田中順也/山田直輝/田中亜土夢 ほか

■細貝 萌・柏木陽介 ワードカップ対決
話題の「サッカーバレー+古今東西ゲーム」企画で激突!
恥ずかしいお題に細貝 萌も思わず赤面・・・!

■香川真司 ワードカップ対決
日本のエース香川真司が満を持して登場!
ドイツに乗り込んだやべっちと世紀の一戦! その結末は?

■岡崎慎司 ワードカップ対決
都内某所に作られた特別セットでガチンコ真剣対決
スタジオの雰囲気に圧倒された岡崎慎司だが・・・?

■やべっちF.C. VS 日本代表 フットサル対決2012
日本代表 中村憲剛・吉田麻也・槙野智章らを迎え世紀の一戦!
別会場では、おかっちと内田篤人がマル秘対決! その結末は!?

やべっちFC

【特典映像】
ゆきっちF.C. VS あだっちF.C. フットサル対決 後半戦
前田有紀アナも大活躍! 番組未公開のフットサル対決を収録!

【初回プレス盤限定 応募特典】

応募抽選ハガキ封入!
矢部浩之(ナインティナイン)直筆サイン入り『やべっちF.C. 公式ユニフォーム』(非売品)
抽選で5名様にプレゼント! !
※「VOL.3」の賞品とは異なります。
※サイズ、色、柄はお選びいただけません。

【ご応募締切】
2012年9月14日(金)
※当日消印有効
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

   

サイト人気記事ランキング