2016.05.23

法政大、終了間際の2失点で日体大に逆転負け…ディサロの先制点実らず3位に後退

先制点を喜ぶディサロ燦シルヴァーノ(中央左)、永戸勝也(中央右) [写真]=高野茜(スポーツ法政)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 前半は日本体育大学のペースで進み幾度となくチャンスを作られるが、法政大学は粘り強いディフェンスで耐え、スコアレスで後半に突入する。50分、MF永戸勝也のクロスが相手に当たり、浮いたボールをFWディサロ燦シルヴァーノが押し込み先制に成功する。しかし、84分にPKを取られ失点すると、それまで保っていた集中力が切れ87分には逆転弾を献上。1-2で敗戦を喫し、首位から陥落する結果となった。

 前節に続き、高い気温の中で始まったJR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 1部 第8節。日体大は前線から激しいプレッシャーをかけ、自分達のペースに持っていく。しかし、最後の部分で法政大の守備陣が体を張ってゴールを死守。一方、法政大は前線の連係でチャンスを作り出す。29分にはディサロが落としたボールを永戸がドリブルで持ち上がり、クロスを上げるも相手GKへ。日体大がボールを保持する時間帯が長くなってきた32分にはスルーパスを入れられるが、GK関口亮助の鋭い飛び出しでゴールを割らせない。日体大に危険な場面は作られるものの、中央を固めた守備陣を破ることができない。法政大はなんとか凌ぎ、0-0で前半を折り返す。

 前半は自分たちのサッカーができなかった法政大だが、50分に先制点を奪う。永戸がクロスを上げると、これが相手に当たり、浮いたボールをディサロが押し込んだ。61分にはFKから山田将之が合わせるものの、ゴール左に外れる。2点目を目指して攻勢に出る法政大だったが、暑さも影響して疲労の色が見えてきた。すると試合の流れは徐々に相手へ傾き始める。80分、日体大に右サイドの深い位置まで突破を許し、クロスから頭で合わせられるが、ここはGK関口が右手を伸ばしファインセーブ。決定的なシーンを何度も防いでいたが、84分に失点を喫してしまう。ペナルティーエリア内にボールが入ると、相手を倒してしまいPKを与えてしまう。これを一度はGK関口が止めるも福田圭佑に詰められ同点に。そのわずか3分後、瀧本高志のクロスを太田修介に決められ逆転される。試合はそのまま終了。終盤までプランどおりに試合を進めていた法政大にとっては、痛すぎる1敗となった。

 長山一也監督は試合後、悔しさをにじませた。「ゲームプランどおり」(長山監督)前半は相手ペースの展開を耐えて、後半開始早々の1点を守り切る試合へと持ち込めただけに、この敗戦のショックは大きい。PKから失点し、その後に逆転されたことも悔しさを大きなものしているだろう。それでも「やっていることは悪くない」と、長山監督が振り返るように自信を失わず戦うことが重要だ。今後の課題としてはやはり追加点だろう。追加点を奪い、試合を決定づけることができれば勝点3は見えてくる。今日の敗戦は痛いが、この敗戦を糧に法政大は次節、流通経済大学と対戦する。

文=森川優也(スポーツ法政)

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る