2016.05.16

エース矢島輝一が復活弾…中央大、青山学院大との接戦を制して2連勝

2点目を挙げ喜ぶ矢島輝一 [写真]=牛込淳貴(中大スポーツ)
サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 2部 第7節は明治学院大学に逆転勝利を収め、4位に浮上した中央大学。順位が近い青山学院大学との今節は、集中応援と相まって一層熱が入る試合となった。開始早々に動き、中央大が12分までに3得点。しかし後半は青山学院大の猛反撃を受ける。それでも1点のリードをなんとか守り切り、連勝を収めた。

 12分までに怒とうの3連続得点を挙げる好調な滑り出しだった。3分にGK置田竣也からのFKを、矢島輝一が足元で収めて振り向きシュート。6分にはCKのこぼれ玉を押し込みゴール。2得点を挙げた矢島は「前節は無得点で終えてしまった。今節こそは点を取るぞという強い気持ちが前半の2得点に表れたと思う」と自身のゴールシーンを振り返る。12分に古橋匡梧がゴール前の相手DFに詰め寄りボールを奪うと、GKを振り切り3点目を挙げた。しかし25分には早坂翔が脳震盪で交代を余儀なくされる。そこから3点を追う青山学院大の反撃が始まったものの逃げ切り、そのまま前半を3-0で終えた。

 後半は完全に青山学院大ペースとなった。勢いに乗る相手の猛攻に幾度となくピンチを迎える中央大。49分、83分に失点をすると、試合終了まで気が抜けない厳しい展開が続いた。手塚聡監督は「前半の点差を考えると相手は攻めるしかなくなり、このような展開になることは読めていた。もっと落ち着いてプレーできていれば良かったができなかった。それでもなんとか粘り、勝ちきれたことは良かった」と振り返る。3点目を挙げた古橋は「2連勝という良い流れはきている。気を抜かずに3連勝できるように頑張りたい」と意気込む。

 前節と同じように後半は逃げ切る形となった中央大は、まだまだ課題は残るものの、今季3勝目を挙げ貴重な勝点3を手にした。次節はまたも順位の近い東京農業大学と対戦する。暑さが増し厳しい試合が続くであろう中で、いかに連勝できるかが注目だ。

文=佐竹真琴(中大スポーツ)

中スポブログ(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/chuosports/)も要チェック!twitter(@chuosports)では試合速報もしています!

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る