2015.09.22

【大学サッカー/注目のルーキー】慶應大FW松木駿之介(青森山田高出身)…持ち味は 岡崎慎司並みの泥臭いプレー

静岡を拠点に活動するフリーライター。清水エスパルスを中心に、高校・大学サッカーまで幅広く取材。

文・写真左=平柳麻衣、写真右=鷹羽康博
 

 慶應義塾大学のルーキー、FW松木駿之介。豊富な運動量と前への推進力を武器とし、1トップやサイドなど複数の攻撃的ポジションをこなす。慶應大では2列目の左サイドを主戦場とし、リーグ開幕戦で先発フル出場を果たすと、以降ここまで全試合に出場を続けて体力を惜しまないアップダウンで存在感を放っている。

 身長170センチと上背はないものの、空中戦を得意とする松木は、第2節駒澤大学戦で生まれた大学初ゴールもMF端山豪からのクロスを頭で合わせて決めた。9月21日までに挙げた5得点のうち、3得点がヘディングシュートによるもの。また、一対一での粘り強さや、体を張った泥臭いプレーが特徴的で、守備での貢献度も高い。松木自身、泥臭いプレーのお手本である日本代表FW岡崎慎司(レスター)を好きな選手に挙げている(大会公式プログラムより)。

 今、大学サッカー界で注目を集めている松木だが、高校時代には大きな挫折を経験している。高校サッカー選手権の舞台に憧れて名門、青森山田高校に進学し、迎えた最後の冬。1回戦で大分県の中津東高校と対戦した青森山田は、1-1で突入したPK戦の末に2-4で敗戦した。キッカーを務めた松木は失敗し、この上ない悔しさを味わった。

 高校生活最後の大舞台で経験した悔しさを晴らすために、松木は努力を惜しまない。ピッチ内では誰よりも走り、身を削り、気持ちを全面に出してプレーする。その松木の熱い想いが、慶應大を悲願の関東大学リーグ制覇へ導く。もう一度、全国舞台にリベンジするために、松木は突き進んでいく。

FW松木 駿之介(まつき・しゅんのすけ)
▼生年月日/1996年10月24日 ▼身長・体重/170cm・68kg
高校サッカー選手権に憧れて青森山田高に進学。2014年のインターハイではチームの3位入賞に貢献し、大会優秀選手に選ばれた。慶應大に入学後は開幕戦から第14節終了時点で全試合に出場。屈強な相手選手にも堂々と対峙し、体の強さを発揮している。座右の銘は「勝負の神様は細部に宿る」(慶應義塾大学体育会ソッカー部公式HPより)。

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
川崎F
26pt
名古屋
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
30pt
山形
29pt
大宮
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る