2015.09.18

アンケート結果/神戸のドリブラー増山朝陽が1位獲得、2位にはレギュラー定着の鳥栖MF鎌田大地…J1注目の高卒ルーキー

 サッカーキング・ネクストでは、9月9日から16日にかけて「2015シーズンのJ1所属選手の中で、注目している高卒ルーキーは?」と題したアンケート調査を実施した。

 総投票数の32.9% を占める154票を集めて1位となったのは、東福岡高校からヴィッセル神戸に加入したMF増山朝陽。高校3年時には全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で全国制覇を果たし、キレのあるドリブルがレアル・マドリードのエース、クリスティアーノ・ロナウドをほうふつさせることから、かつては「ヒガシのクリロナ」とも呼ばれた。神戸に加入後は、9月9日の第95回天皇杯全日本サッカー選手権2回戦、AC長野パルセイロ戦で待望のプロ初ゴールを決めている。

 続いて95票で2位となったのは、東山高校からサガン鳥栖に加入したMF鎌田大地。5月10日の明治安田生命J1リーグ第11節、松本山雅FC戦でJ1デビューを果たすと、同試合でプロ初得点を挙げた。その後も出場を重ね、9月18日までにJ1で15試合出場3得点を記録している。また、今年8月に行われたU-22日本代表候補トレーニングキャンプメンバーにも選出された。

 3位には、横浜F・マリノスの中島賢星がランクイン。増山と同じく東福岡高出身で、足元の高い技術と得点力を持ち、高校ナンバーワン司令塔としてインターハイや全国高校サッカー選手権で注目を集めた。プロ入り後は、Jリーグ・アンダー22選抜としてここまでJ3に14試合出場している。

 4位には、浦和レッズの茂木力也が入った。センターバックやボランチなど複数のポジションをこなす茂木は、浦和ユース所属時の2013年にFIFA U-17ワールドカップに出場した経歴を持つ。2014年は2種登録選手となり、今シーズンよりトップ昇格を果たした。ここまでJ1出場はないが、Jリーグ・U-22選抜としてJ3に11試合出場している。

 なお、5位以下の結果は下記のとおりとなっている。
 
■「2015シーズンのJ1所属選手の中で、注目している高卒ルーキー」投票結果
1位:MF増山朝陽(東福岡→神戸)154票/32.9%
2位:MF鎌田大地(東山→鳥栖)95票/20.3%
3位:MF中島賢星(東福岡→横浜FM)79票/16.9%
4位:DF茂木力也(浦和ユース→浦和) 59票/12.6%
5位:MF三好康児(川崎U-18→川崎)19票/4.1%
6位:MF水谷拓磨(清水ユース→清水) 14票/3%
7位:FW北川航也(清水ユース→清水 )13票/2.8%
8位:DF松原后(浜松開誠館→清水)10票/2.1%
9位:FW鈴木優磨(鹿島ユース→鹿島)5票/1.1%
10位:DF中山雄太(柏U-18→柏)4票/0.9%
10位:FW西村拓真(富山第一→仙台 )4票/0.9%
10位:FW平尾壮(G大阪ユース→G大阪)4票/0.9%
13位:FW大島康樹(柏U-18→柏 )1票/0.2%
その他1.5%

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る