2015.08.28

AFCU-16選手権へ確かな成長を見せる/U-15日本代表千葉合宿

文・写真=安藤隆人

 千葉合宿最終日となる今日、森山佳郎監督率いるU-15日本代表は、ジェフ千葉U-16と45分×3本の変則マッチを行った。

 1本目、2本目の途中までは、千葉はU-15日本代表の1学年上となるU-16チームで出場。これに対し、U-15日本代表も主力組で臨んだ。「今年はフィジカルレベルが高く、良い選手がそろっている」と朴才絃アカデミーダイレクターが語ったように、今年の千葉U-16はタレントがそろっており、大型な選手が多い。それだけによりパワーのあるチームとの対戦を望む森山監督にとっては、格好の相手だった。

 1本目は互角の展開だった。局面の球際が激しく、守備の奪いどころもはっきりしており、見ごたえのある攻防が続く。29分、注目のMF久保建英(FC東京U-15むさし)が質の高いプレーを見せる。右サイドバックの菅原由勢(名古屋グランパスU15)が中央にライナー性のクロスを送りこむと、左MFの久保がダイアゴナルランでスペースに入りこみ、トップスピードのままこのクロスをトラップし、前にボールを運んで抜けだすと、間髪入れずに強烈なシュートを放つ。これはGKのファインセーブに阻まれるが、無駄のない一連の動きの質は高かった。

 0−0で迎えた2本目9分、千葉に先制点を許すが、直後の12分にドリブルで持ちだした久保が、左足アウトサイドで浮かせたスルーパスを送りこむ。これを受けたFW宮代大聖(川崎フロンターレU-15)が蹴りこんで、U-15日本代表がすかさず同点に追いつく。その後も久保が中央に果敢に切れ込んで、中盤を活性化させるなど、U-15日本代表のリズムで試合が進んでいった。だが、ゴールラッシュを見せたのは、相手のメンバーがU-15チーム中心になってからだった。U-15日本代表も大幅にメンバーを入れ替えた後の37分と42分に、ともにFW中村敬斗(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)が強烈なシュートを沈め、リードを広げると、3本目の27分にMF桂陸人(サンフレッチェ広島ジュニアユース)が加点し、4−1。

「1本目、2本目と良かったが、主力組から何人か代える中、1本目のようなプレーができなかった。それに1本目も1本目で、固められたところをどう崩していくか。積極的にシュートを狙う姿勢に欠けていた」。試合後、森山監督の評価は手厳しかった。拮抗した中で点を奪いきる、戦いきる力はまだ不十分だった。それが市立船橋高校、そしてこの千葉U-16戦に表れた。

 だが、久保を始めとして、個のポテンシャルは非常に高い。だからこそ、森山監督も”戦う集団”に仕立てることを重要視し、合宿とマッチメークをしている。市立船橋戦のコラムでも書いたが、この指揮官の強烈なメッセージに呼応しようとする選手は着実に増えているし、試合内容も間違いなく良くなっている。森山監督のメッセージをさらに具現化していくことが、成長への確かな道筋であることを理解しつつある選手たち。まずは来月に迫ったAFCU-16選手権2016予選グループK(日本、モンゴル、香港)に臨み、その真価を発揮する。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る