2015.08.15

U-18代表のMF佐々木匠「負けてはいけない相手だった」/SBSカップ

 8月14日、2015SBSカップ国際ユースサッカーの2日目が行われ、U-18日本代表は静岡ユースと対戦した。

 試合はU-18日本代表が前半に2点を奪われる展開、後半に入り1点を返すも、反撃及ばず1-2で静岡ユースに敗れた。選手たちの試合後のコメントを、日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 ベガルタ仙台ユース所属のMF佐々木匠は、「日本代表として負けてはいけない相手でした。次の試合まで中一日あるので、しっかり準備して良い試合ができるようにしたいです」と敗戦を重く受け止めつつ、次戦への意気込みを口にした。

 また、ガンバ大阪ユースに所属するMF髙木彰人は、「1失点目に関しては自分がパスを取られてしまい失点しました。失ってはいけないところでのパスの質、判断の質を上げないといけないと思いました」と失点に絡んだことを反省。

 一方で、「0-2の状況になってからは自分たちが押し込む時間が長くなり、ゴールのチャンスもありましたが、決めきる力がなく1得点で終わりました。急に精度は上がりませんが、ゴールの意識を高めて残りのクロアチア戦は勝ちます」と課題を口にしながらも、次戦での勝利を誓った。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る