2015.07.09

4強進出のユニバ女子「誇りとチームワークで勝利を手繰り寄せた」

 ユニバーシアード女子日本代表は7月8日、第28回ユニバーシアード・光州大会の準々決勝で中国と対戦した。

 試合は、前後半を戦いスコアレスでPK戦に突入。GKの井上ねね(日本体育大)が相手のキックを2本止め、日本がPK戦を3-1で制した。

 コーチの黒澤尚氏は試合後、「両国のプライドを賭けた激しい戦いとなった。試合はボールポゼッションの高さと身体能力に圧倒され、内容的には終始押され気味の苦しい展開であったが、日本代表チームの誇りとベンチにいる選手およびスタッフを含めたチームワークの良さで勝利を手繰り寄せた試合であったと強く感じる」と振り返った。

 10日に行われる準決勝では、フランスとの対戦。「さらにタフな試合になることが予想されるが、選手とスタッフで共同し、これまで以上の良い準備をして勝ちにいきたい」と、2大会ぶりの決勝をかけた戦いを見据えた。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る