2018.09.04

乾貴士が高校選手権の応援リーダーに就任!「笑顔でサッカーをしてもらいたい」

乾貴士
高校選手権の応援リーダーに就任した乾貴士
サッカー総合情報サイト

 日本テレビは4日、第97回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに、ベティスに所属する日本代表MF乾貴士が就任したことを発表した。

 乾は第84回大会で、滋賀県立野洲高等学校のメンバーとして全国優勝を経験。決勝の鹿児島実業戦、延長後半で野洲が決めた決勝点は“高校サッカー史上最も美しいゴールの一つ”と形容される。

 応援リーダー就任に際し、同選手は以下のコメントを残している。

「高校サッカーの応援リーダーは、ずっとやってみたいと思っていました。昔から憧れがあったので、今回応援リーダーをやらせてもらうことになりうれしいです。僕は、自分自身がサッカーを思いっきり楽しむことで、観ている人たちも楽しませたいという思いがあるので、高校生達にも楽しくやってもらいたいです。サッカーをやる時に一番重要になってくるのは仲間とサッカーを楽しむことで、それは高校時代も、今も変わらないことです。もちろん厳しい練習やつらいこともたくさんあると思いますが、それよりも、楽しいことの方が多かったなと思えることが大事ですし、高校生達には、笑顔でサッカーをしてもらいたいと思います」

 第97回全国高校サッカー選手権は12月30日に開幕し、2019年1月14日に決勝戦が開催される。

 応援リーダーは第81回大会から、高校サッカー経験を持つ現役選手が起用されている。歴代の応援リーダーは以下のとおり。

第81回(2002年度):小野伸二(清水商業高校)
第82回(2003年度):小野伸二(清水商業高校)
第83回(2004年度):平山相太(国見高校)
第84回(2005年度):大久保嘉人(国見高校)
第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東高校)
第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工業技術高校)
第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡高校)
第88回(2009年度):長谷部誠(藤枝東高校)
第89回(2010年度):田中マルクス闘莉王(渋谷教育学園幕張高校)
第90回(2011年度):内田篤人(清水東高校)
第91回(2012年度):遠藤保仁(鹿児島実業高校)
第92回(2013年度):三浦知良(静岡学園高校)
第93回(2014年度):川島永嗣(浦和東高校)
第94回(2015年度):柴崎岳(青森山田高校)
第95回(2016年度):岡崎慎司(滝川第二高校)
第96回(2017年度):大迫勇也(鹿児島城西高校)
第97回(2018年度):乾貴士(野洲高校)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る