2018.08.04

【インハイプレビュー】3年連続の挑戦で目指す先輩越え 攻撃力武器に頂点へ(昌平)

期待の1年生MF須藤直輝と後ろで立って指示を送る昌平の藤島監督 [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 埼玉ナンバーワンのタレント集団・昌平は、先輩たちが為し得なかった全国のファイナルを狙える力を持っている。

 昨年のチームからエース・佐相壱明(現・大宮アルディージャ)などが抜けたが、CB関根浩平、ボランチの原田虹輝、トップ下の渋屋航平と屋台骨が残った。さらに左サイドバックの堀江貴大、右サイドバックの吉田航、MF古川勇輝、FW森田翔と昨年からのレギュラーが脇を固め、安定した組織を構築している。

 そして、新たな戦力が著しく台頭をしてきており、チームは新たな機運を迎えている。

 圧倒的なテクニックで相手DFを面白いように翻弄して行く1年生MF須藤直輝は、並み居る先輩を差し置いてチームのナンバー10を背負い、流れを変えるジョーカーとして藤島崇之監督から大きな信頼を得ている。

 大宮アルディージャユースからやってきた須藤は、入学直後から臆すること無く自分の持ち味を発揮。「ボールを受ける前にスペースや相手DF、味方の位置を確認して、ドリブルかパスかを判断するようにしています」と語ったように、テクニックだけでなく、的確な状況判断を駆使。「チームのために自分が活きる方法を考えている」と、ルーキーらしからぬ堂々としたプレーを見せている。

 1年生の躍動に触発されるように、選手権はベンチ外だったFW西村悠希、ボランチの丸山聖陽がレギュラーを獲得し、ベンチ入りこそ果たしたが、冬は出番のなかった右アタッカーの木下海斗もスタメンに名を連ねている。

 特に木下の成長は目を見張るものがある。もともと足下の技術に優れるが、身のこなしとスピードの緩急の使い分けが格段に向上し、サイドからのカットインの破壊力が増した。相手の出方をうかがいながら、飛び込んで来なければシンプルに周りを使い、食いついて来たら一気にバイタルエリアに切れ込んで、強烈なシュートでゴールをこじ開ける。左サイドに須藤が入ると、彼のドリブルコースを上手く引き出しながら、フィニッシャーとして空いたスペースに顔を出すなど、プレーに変化を付けられるもの魅力で攻撃にバリエーションを加えている。

 3年連続3度目のインターハイとなる今回。3年前は針谷岳晃(現・ジュビロ磐田)と松本泰志(現・サンフレッチェ広島)を擁して初出場でベスト4まで駆け上がった。一方で昨年のインターハイはまさかの初戦敗退。

 3度目にして酸いも甘いも経験している彼らは青森山田、作陽、大津、前橋育英などが同居する今大会一番の激戦ブロックに入った。歴史を塗り替えるには苦難の連続となるが、跳ね除けるだけの力は持っている。

 まずは初戦の高知中央戦で勢いに乗るべく、埼玉県予選において5試合で27得点を叩き出した圧倒的な攻撃力を引っさげて、三重の地に乗り込んで来る。

取材・文=安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る