2018.07.26

インターハイ開幕迫る…出場校のユニフォーム、最多ブランドはどこ?

上から前橋育英、羽黒、関東第一のユニフォーム [写真]=瀬藤尚美、野口岳彦、大木雄介
サッカー総合情報サイト

「平成30年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)」が女子は8月1日~5日の5日間、男子が8月7日~13日の7日間にわたって、女子は静岡県、男子は三重県で開催される。

 男子は55校が出場し、一週間という短期間で全国一を決める厳しい戦いとなるが、今回は選手たちが着用するユニフォームにスポットを当て、全55校のユニフォームのうち、どのブランドか一番サポートしているのかを調査。

 出場校と各ブランドは以下の通り。(代表エリア/出場回数/サポートブランド)

■北海道・東北
札幌大谷(北海道①/2年ぶり5回目/ニューバランス)
北海(北海道②/10年ぶり8回目/プーマ)
青森山田(青森/19年連続22回目/ボネーラ)
盛岡商(岩手/2年ぶり25回目/アシックス)
仙台育英(宮城/3年連続19回目/ミズノ)
西目(秋田/7年ぶり7回目/プーマ)
羽黒(山形/3年ぶり8回目/アディダス)
尚志(福島/9年連続11回目/プーマ)

■関東
明秀日立(茨城/3年ぶり3回目/アンダーアーマー)
矢板中央(栃木/2年ぶり8回目/ミズノ)
前橋育英(群馬/2年連続15回目/プーマ)
昌平(埼玉①/3年連続3回目/ニューバランス)
浦和南(埼玉②/9年ぶり12回目/アディダス)
習志野(千葉①/4年ぶり18回目/プーマ)
市立船橋(千葉②/6年連続28回目/ナイキ)
関東第一(東京①/4年連続5回目/アスレタ)
國學院久我山(東京②/3年ぶり9回目/プーマ)
三浦学苑(神奈川①/6年ぶり2回目/プーマ)
桐光学園(神奈川②/3年ぶり13回目/ナイキ)
山梨学院(山梨/4年ぶり5回目/アシックス)

■北信越・東海
新潟明訓(新潟/3年ぶり7回目/アディダス)
富山第一(富山/2年連続27回目/プーマ)
星稜(石川/7年連続27回目/プーマ)
福井商(福井/3年ぶり3回目/プーマ)
松本国際(長野/3年ぶり3回目/アンダーアーマー)
中京院中京(岐阜/13年ぶり3回目/アディダス)
藤枝東(静岡/11年ぶり13回目/プーマ)
東海学園(愛知①/3年ぶり5回目/アンブロ)
刈谷(愛知②/2年ぶり9回目/ディアドラ)
三重(三重①/3年連続5回目/ニューバランス)
伊賀白鳳(三重②/初出場/アディダス)

■近畿
草津東(滋賀/3年ぶり13回目/プーマ)
関大北陽(大阪①/17年ぶり22回目/アディダス)
阪南大高(大阪②/2年連続3回目/アンブロ)
東山(京都/6年ぶり2回目/ニューバランス)
神戸弘陵(兵庫/4年ぶり3回目/ミズノ)
一条(奈良/3年連続8回目/アンブロ)
初芝橋本(和歌山/2年連続15回目/ミズノ)

■中国・四国
米子北(鳥取/11年連続14回目/プーマ)
立正大淞南(島根/11年連続13回目/プーマ)
作陽(岡山/4年ぶり22回目/アシックス)
瀬戸内(広島/2年ぶり6回目/プーマ)
高川学園(山口/2年連続22回目/プーマ)
徳島市立(徳島/5年連続17回目/プーマ)
高松商(香川/5年ぶり33回目/プーマ)
宇和島東(愛媛/8年ぶり2回目/アディダス)
高知中央(高知/10年ぶり2回目/アンブロ)

■九州・沖縄
東福岡(福岡/7年連続16回目/ニューバランス)
佐賀東(佐賀/3年連続14回目/プーマ)
長崎日大(長崎/12年ぶり5回目/アンダーアーマー)
大分(大分/3年ぶり11回目/スボルメ)
大津(熊本/3年ぶり19回目/プーマ)
日章学園(宮崎/3年連続14回目/ミズノ)
神村学園(鹿児島/2年連続5回目/プーマ)
前原(沖縄/4年ぶり5回目/アディダス)

 出場校一覧は以上の通りだが、ブランド別に分けると以下の通り。

■プーマ…21校(北海、西目、尚志、前橋育英、習志野、國學院久我山、三浦学苑、富山第一、星稜、福井商、藤枝東、草津東、米子北、立正大淞南、瀬戸内、高川学園、徳島市立、高松商、佐賀東、大津、神村学園)
■アディダス…8校(羽黒、浦和南、新潟明訓、中京院中京、伊賀白鳳、関大北陽、宇和島東、前原)
■ニューバランス…5校(札幌大谷、昌平、三重、東山、東福岡)
■ミズノ…5校(仙台育英、矢板中央、神戸弘陵、初芝橋本、日章学園)
■アンブロ…4校(東海学園、阪南大高、一条、高知中央)
■アシックス…3校(盛岡商、山梨学院、作陽)
■アンダーアーマー…3校(明秀日立、松本国際、長崎日大)
■ナイキ…2校(市立船橋、桐光学園)
■ボネーラ…1校(青森山田)
■アスレタ…1校(関東第一)
■ディアドラ…1校(刈谷)
■スボルメ…1校(大分)

 ということで、ブランドとしてはプーマが最多。アディダスが続き、ニューバランスとミズノが並んだ。意外なところで言えば、ナイキが2校となっている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る