2018.01.09

相手に合わせたサッカーと自分たちを貫くサッカー、優劣無く大事なことは信じ抜くこと

流通経済大柏と前橋育英の決勝は激闘となった [写真]=瀬藤尚美
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)

 インターハイ王者といえども、前橋育英の攻撃力は怖かったようだ。

「やっぱり守備的にやらざるを得なかった。前橋育英の攻撃力がうちよりも上をいっていました」と流通経済大柏の本田裕一郎監督が語ったように、前橋育英の2トップの飯島陸に対しては守備のスペシャリスト三本木達哉、榎本樹には関川郁万がマンマークについた。その堅い守備には、高い攻撃力を誇る前橋育英も、前半はシュート2本に抑えられてしまった。

 後半も同様の流れは続いたが、19分に流れが変わる。

 ピッチ脇に宮崎鴻が控えていたとき、これまでどおり榎本との交代と思われたが、五十嵐理人と交代で出場し、宮崎と榎本の2トップにポジションを変更。そして、飯島が左サイドへとポジションを移した。

「最初は榎本樹と宮崎鴻が代わると思っていたんですが、五十嵐理人と代わって守備のバランスが崩れてしまいました」と飯島のマンマークだった三本木が振り返ったように、流通経済大柏の守備は一時明らかに混乱していた。そのスキをついて前橋育英は左サイドを中心に猛攻を仕掛ける。流通経済大柏は後半40分に、佐藤蓮に代えて金澤哲流を入れ守備を整え直したが、前橋育英の勢いは止まらず、アディショナルタイムにゴールを割られてしまった。

 焦れずに自分たちのスタイルと貫いた前橋育英は、マンマークをされていた飯島のシュートからチャンスが生まれ、榎本が決める自分たちらしいゴールを生むことになった。

 近年の大会の傾向だが、相手を研究し相手の良さを消すことを目指すサッカーと、自分たちの目指す理想のスタイルをやり切るサッカーに二分されている。今大会の決勝はその縮図ともいえる対戦で、非常にレベルの高い至高の戦いとなった。

 今大会は自分たちのスタイルを貫いた前橋育英に軍配が上がったが、どちらのサッカーがいいとも悪いともいえないし、強いとも弱いともいえない。ただ、自分たちの信じるサッカーに対して、気持ちを込めて一生懸命に戦った全選手たちに拍手とエールを送りたい。そして、今後この舞台を目指す選手たちには、どのサッカーが自分に合っているのか、よく見てよく考えて進学してほしいと思う。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る