2018.01.08

流経大柏MF菊地、小中高でも終わらない“To Be Continued”な前橋育英DF角田との関係

小中学校時代は同じチームでプレーしていた菊地(左)と角田 [写真]=兼子愼一郎
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 前橋育英のCB角田涼太朗と流通経済大柏で10番を背負う菊地泰智は、小・中学校時代のチームメイトだった。FC浦和、浦和レッズジュニアユースでともに戦ったが、サッカー面においては菊地が一歩リードする存在だった。

「FC浦和のときは僕がトップ下で、涼太朗はFWでした。でも、ちょうどFWのポジションには橋岡大樹(浦和レッズユースから来季トップ昇格するCB)がいて、橋岡が出て、途中から涼太朗が入って来る状況だった。レッズジュニアユースのときに左サイドバックになっていたけど、あまりに試合に出ていなかった」と菊地は振り返る。

 高校進学で別々の道を歩むことになったが、お互い全国トップクラスの強豪校に駒を進めた。しかし、高校に入っても2人の序列に変化は無かった。1年時からトップチームでバリバリ試合出場をしていた菊地に対し、角田はトップに食い込めなかった。

 高校2年になり角田はレギュラーを掴んだが、菊地は「正直、高2の途中までは対戦をしてみても、『中学時代とあまり変わっていないな』と思った。もちろんヘッドは強いし、左足のキックの精度は高かった。でも、上から目線ではないですが、そこまで意識はしなかった」存在だった。

 しかし、昨年度の選手権で2人の運命は大きく変わる。菊地は千葉県予選決勝で市立船橋に敗れて選手権出場を逃す一方で、角田は出場。すると前橋育英は快進撃を続け、決勝まで勝ち上がった。角田も抜群の存在感を放ち、制空権を握って、さらに正確なフィードとサイドチェンジで攻撃の起点となった。決勝では青森山田に0-5で敗れてしまったが、角田の評価は急上昇し、Jクラブのスカウトから熱視線を浴びる存在になった。

「選手権を見ていて、本当に驚きしかなかった。涼太朗は抜群に上手かった。それに選手権という大会で劇的に伸びた」印象を受け、高3になって対戦すると、「かなり嫌な存在になっていた。どうやって剥がそうかとすごく考えるようになった」と菊地が語ったように、角田は脅威の存在に変わっていた。

 角田は複数のJクラブから正式オファーを受ける存在になった。だが、自分は来ていない。この現実を彼は反骨心に変えた。「悔しかったし、凄く刺激になった。同時に涼太朗をあそこまで変えた選手権に絶対に出たいと思った」と、大会への思いを強くする。

 結果、流通経済大柏は菊地のゴールで市立船橋を下して、3年ぶりの選手権出場を手にした。初めての選手権ではエースナンバー10を背負い、初戦で2ゴールを決めるなど、チームの攻守の要として躍動し、ついに待ち望んだファイナルの舞台まで辿り着いた。

 そして、対峙するのは角田がいる前橋育英。燃えない訳がなかった。だが、「徐々に攻撃の選択肢がなくなっていった。前橋育英の守備、そして攻撃の組織、どれも強かったし、僕らは負けていた」と、相手の組織力の前に押し込まれ、後半アディショナルタイムに劇的決勝弾を浴びた。

 自分を猛烈な勢いで追い越していったかつての仲間。悔しい思いよりもよきライバル、自分にとって重要な存在になったという。

「同じ決勝のピッチに立って戦えたことが本当に嬉しかった。涼太朗とは試合中に自分にボールが当たって出たのにマイボールになった時、涼太朗に『お前触ったでしょ』と言われて、『触ったよ』と言葉を交わした。それが何か嬉しかった」

 そう語る菊地に対し、角田も「泰智とはそこまでマッチアップできなかったけど、試合中に少し言葉を交わせたし、この舞台でやれたことが凄く嬉しかったです」とかつてのチームメイトと高校最後の試合ができたことを素直に喜んだ。

 角田は卒業後、筑波大学に進学予定で、菊地は流通経済大に進む。両校は関東大学リーグ屈指の強豪で、ライバル関係だ。「涼太朗とは大学でまた戦うことになるので、ライバルになるし、あいつは絶対に1年から出ると思うので、戦えるように頑張りたい。その先もずっと一緒に戦えるようにしたい」(菊地)。再び2人で刺激をし合って、真っ向勝負できるように。菊地は今からその時を楽しみにしながら、会場を後にした。

取材・文=安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る