2018.01.08

夏冬連覇を逃した流通経済大柏…本田監督は選手たちに感謝「よく戦ってくれた」

本田裕一郎監督
流通経済大柏の本田裕一郎監督 [写真]=瀬藤尚美
サッカー総合情報サイト

 夏冬連覇の偉業を目指して戦った流通経済大柏の第96回全国高校サッカー選手権大会は、前橋育英に敗れ惜しくも準優勝という結果に終わった。

 流通経済大柏の本田裕一郎監督は「悔しいけれど、生徒たちはよく戦ってくれた」と素直な感想を口にした。「勝つか負けるかは宿命だから仕方がない。悔いのないように暴れて回って欲しかった。泣いて終わるのは無しにしろと伝えました」と話す本田監督は「よくここまで来られたと思う」と選手たちを称えた。

 優勝した前橋育英については「負けるべくして負けた」と語り「自分たちより攻撃力が上。守備的にやらざるを得なかった」と対戦相手の攻撃力を称賛した。

 最後に本田監督は「各人の取り組み、姿勢、試合のパフォーマンスなどよくなった点はいくつもある」と述べ「ほとんどの子が上(流通経済大)にそのまま上がるので、応援してあげてほしい」と話した。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る