2018.01.07

またも圧巻のゴールラッシュ 大会7得点の前橋育英FW飯島、決勝は「絶対にチャンス来る」

飯島陸
選手権4試合で7得点を挙げている前橋育英FW飯島 [写真]=小林浩一
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=篠幸彦(提供:ストライカーデラックス編集部)

 シュート31本で6得点。この数字だけでいかに力の差が出た試合だったかがわかる。初出場でベスト4入りを果たした上田西は、ここまでやってきたスタイルで果敢に挑んだ。しかし、それに慌てることなく、確実に跳ね返し、丁寧にボールをつないでいく前橋育英に徐々に飲み込まれていった。そして前半24分、左CKから田部井悠が蹴ったニアのボールを松田陸がフリックして右のサイドネットに流し込んで先制点。「あれで少し落ち着いた」と前橋育英の山田耕介監督は振り返った。

 そしてその3分後に飯島陸が今大会自身6点目となるゴールで追加点。そこからは前橋育英の多彩な攻撃に上田西はただほん弄され続けた。35分には五十嵐理人がスルーパスで抜け出して3得点目が入ると、後半にも五十嵐と飯島がもう1点ずつを追加。アディショナルタイム1分には釣崎椋介が6点目を決めて終了のホイッスルが鳴った。今大会初の失点を許してしまったものの、圧巻のゴールラッシュで昨年敗れた選手権決勝の舞台に再び帰ってきた。

 その昨年敗れた青森山田との決勝では、0-5という衝撃的なスコアで惨敗した。「昨年度、決勝に敗れてとにかくもう一度埼スタに戻ってくるということで、一年間、選手たちやスタッフみんながその思いを持ってやってきた。最後、その思いを込めて決勝を戦いたい」(前橋育英・山田監督)と、この舞台への思いは並々ならぬものがある。

 その思いはこの日2得点を決めた飯島にも宿る。「昨年のリベンジをするために、また決勝に戻って来られてうれしく思うけど、ここでもう一度気を引き締めたい」と、決勝の舞台に舞い上がってしまった昨年とは違う心境を語った。

 決勝の相手は今年度のインターハイ準決勝で敗れた流通経済大柏だ。それに対し、「流経は勝負強い。その勝負強い相手に勝てる力があると思う」とリベンジに燃える飯島。しかし、その宿敵に勝つには無失点で決勝まで登ってきた鉄壁を破らなければならない。その自信を聞かれると「全然取れない相手ではないので、しっかりと自分が決め切ること。チームで崩せれば絶対にチャンスは来る。それを決めるだけ」と、ここまで7得点で得点ランキング首位を走る自信をみなぎらせた。

 飯島はあと3ゴールで大迫勇也の一大会10得点という大記録に並ぶ。「1試合で3点取るのは厳しいけど、目指していきたい」と、厳しい条件でもここまできて狙わない理由はない。前橋育英の悲願である選手権初優勝を成し遂げるため、今最も勢いに乗る背番号10が決勝の舞台でもゴールをどん欲に狙う。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る