2018.01.05

矢板中央が山下純平の決勝弾で4強へ! 初出場・日本文理は準決勝進出ならず

矢板中央が1点を守り抜き準決勝進出を決めた[写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 第96回全国高校サッカー選手権大会・準々決勝が5日に行われ、日本文理(新潟)と矢板中央(栃木)が対戦した。

 試合が動いたのは36分。矢板中央は味方のシュートがこぼれたところを山下純平が蹴り込み、1点を先行する。新潟県勢初のベスト4進出を目指す初出場の日本文理だったが、矢板中央のゴールをこじ開けられず。前半の1点が決勝点となり、矢板中央が準決勝へと駒を進めた。

 勝利した矢板中央は、6日の準決勝で長崎総科大附(長崎)と流通経済大柏(千葉)の勝者と対戦する。

【スコア】
日本文理 0-1 矢板中央

【得点者】
0-1 36分 山下純平(矢板中央)

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る