2016.06.18

“自身初”の全国大会出場へ…東海大高輪台GK角田篤生「実力を試すことができるので楽しみ」

PK戦で2本のキックを止めた東海大高輪台高校GK角田篤生 [写真]=小林浩一
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 平成28年度全国高校総合体育大会東京都大会準決勝(インターハイ予選)が18日に行われ、東海大学付属高輪台高校と成立学園高校が対戦。試合は0-0のまま延長戦でもスコアが動かず、PK戦に突入した。

 両チーム1人目が成功すると、成立学園2人目のキックを東海大高輪台GK角田篤生が横っ飛びでセーブ。「相手のクセや情報は何も入っていなかった。2回戦の創価高校戦もPK戦で勝ったので、その時の経験が生きた」と角田は振り返った。しかし、後攻の味方2人目が失敗し、再び振り出しに。「自分がもう一本止めれば良いだけだった。気持ちがぶれることはなかった」と冷静だった。その後は両チームがゴールネットを揺らして、迎えた成立学園7人目。「勢いに乗っていた」という守護神は、ここでもコースを読みきった。東海大高輪台の7人目のキッカー、水野団は成功。PK戦を6-5で制した東海大高輪台が、7年ぶり2回目となるインターハイ出場を決めた。

 延長戦を含む100分間で攻め込まれる時間帯が続いたものの、無失点で凌いだことについて、角田は「予選からディフェンス陣の調子が良かった。しっかりとプレッシャーに行けていたので、自分が無失点に抑えることができた」とチームメートの奮闘を称えた。

 “自身初”となる全国大会出場が決定し、「ずっと全国に行きたいと言っていて、周りから笑われることもあった。実力を試すことができるので楽しみ」と笑顔を見せた角田。その前に、19日に関東第一高校との決勝戦を控えている。角田は「自分たちのやることは変わらない。疲れていても、気持ちで勝負したい」とコメントし、気を引き締めた。


Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る