FOLLOW US

静岡学園が首位奪取、磐田は初黒星/プリンス東海第11節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ東海の第11節が8月29日、30日に各地で行われた。

 無敗で首位を走るジュビロ磐田U-18(静岡)は、帝京大可児高校(岐阜)と対戦した。前半は互いに得点が生まれず、スコアレスでハーフタイムを迎える。後半に入っても互いに攻めあぐねる展開が続き、試合が動いたのは89分、帝京大可児の土屋希成がゴールを挙げる。これが決勝点となり、前節9位の帝京大可児が磐田に初黒星をつけた。

 また、前節2位の静岡学園高校(静岡)と中京大学附属中京高校(愛知)の一戦は、前半をスコアレスで折り返す。後半に入ると、静岡学園の攻撃陣が爆発。中京大中京から4点を奪い、4-0で快勝した。この結果、静岡学園は磐田と勝ち点で並び、得失点差で首位に躍り出た。

 第11節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第12節は9月5日に行われる。

■プリンスリーグ東海第11節結果
清水桜が丘(静岡) 1-2 四日市中央(三重)
藤枝東(静岡) 2-0 浜松開誠館(静岡)
磐田U-18(静岡) 0-1 帝京大可児(岐阜)
静岡学園(静岡) 4-0 中京大中京(愛知)
東海学園(愛知)0-4 磐田東(静岡)

■プリンスリーグ東海第11節順位表
1位:静岡学園高校(勝ち点26/得失点差+33)
2位:ジュビロ磐田U-18(勝ち点26/得失点差+18)
3位:浜松開誠館高校 (勝ち点19/得失点差-2)
4位:清水桜が丘高校(勝ち点15/得失点差+8)
5位:四日市中央工業高校(勝ち点15/得失点差-8)
6位:東海学園高校(勝ち点14/得失点差-1)
7位:中京大学附属中京高校(勝ち点13/得失点差-4)
8位:藤枝東高校(勝ち点13/得失点差-11)
9位:帝京大学可児高校(勝ち点8/得失点差-17)
10位:磐田東高校(勝ち点5/得失点差-12)
※清水桜が丘と東海学園は1試合未消化

■プリンスリーグ東海第12節の対戦カード
9月5日開催
藤枝東(静岡)vs 静岡学園(静岡)[藤枝東高G/10時キックオフ]
浜松開誠館(静岡) vs 磐田U-18(静岡)[浜松開成館高G/11時キックオフ]
磐田東(静岡) vs 清水桜が丘(静岡)[ゆめりあ/11時キックオフ]
四日市中央(三重) vs 中京大中京(愛知)[四日市中央工高G/11時キックオフ]
帝京大可児(岐阜) vs 東海学園(愛知)[TEIKYOけやきフィールド/11時キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO