2015.08.21

久御山とエスパッソが決勝ラウンド進出/全日本ユースフットサル

文・写真=小林健志

 8月20日、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台、仙台市体育館にて開幕した「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」。ゼビオアリーナ仙台では15時30分から1次ラウンドCグループ1試合とAグループ2試合が行われた。

 15時30分から行われたCグループSC聖和学園(以下SC聖和)vs佐野日本大学高等学校(以下佐野日大)は、2分に辻柊之介のゴールでSC聖和が先制。佐野日大も4分、櫻井豪のゴールで1点を返し、1-1のまま後半へ。後半はSC聖和が菊谷篤資の2ゴールで突き放し、佐野日大も1点返したが、終盤柳沢輝が2ゴールを挙げドリブルの技術を存分に発揮したSC聖和がが5-2で勝利した。

 17時30分から行われたAグループ北海道清水高等学校(以下北海道清水)vs京都府立久御山高等学校(以下久御山)戦は、久御山が高い個人技を見せつけ圧倒的な展開となり、田中泰生が4ゴールを挙げる活躍ぶり。北海道清水も速攻からチャンスを作り、高橋賢也が何度もシュートシーンを作り出すも最後までゴールを割ることはできず、9-0で久御山が圧勝した。

 19時30分から行われたAグループエスパッソU-18(以下エスパッソ)vs沖縄県立読谷高等学校(以下読谷)は、第1試合で4得点を叩き出したエスパッソの市川宙がまたしても大爆発。6得点を叩き出し、2試合で10得点と驚異的な得点力を見せつけた。読谷も怯まず攻撃的に戦ったが、9-4でエスパッソが勝利した。

 久御山とエスパッソはともに勝点6を獲得し、北海道清水と読谷が勝点0のため、2日目を待たずして決勝ラウンド出場が決定した。

 明日ゼビオアリーナ仙台では1次ラウンドAグループ2試合とCグループ4試合が行われ、Cグループは明日決勝ラウンドに進出する2チームが決定する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
17pt
FC東京
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る