FOLLOW US

広島が首位突破…初出場の長崎が決勝T進出/クラブユースU-18

 第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会のグループリーグ第3節が、7月25日に行われた。

 グループDでは、高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグWESTに所属のサンフレッチェ広島ユース とプレミアリーグEASTに所属の大宮アルディージャユースが対戦。津留卓麿のゴールなど4点を決めた広島が、4-1と快勝して予選1位突破を決めた。

 またグループBでは、大会初出場のV・ファーレン長崎U-18が決勝トーナメント進出を決めている。

 グループAからグループDの試合結果と最終順位表は以下のとおり。1位と2位が、26日から行われる決勝トーナメントに進出する。

■日本クラブユース選手権(U-18)第3節結果
グループA
名古屋U18 10-1 山形ユース
横浜FCユース 2-0 町田ユース

グループB
鹿島ユース 0-0 徳島ユース
富山U-18 1-5 長崎U-18

グループC
FC東京U-18 0-2 神戸U-18
サンクFCくりやま 1-7 岡山U18

グループD
広島ユース 4-1 大宮ユース
C大阪U-18 3-2 磐田U-18

■日本クラブユース選手権(U-18)第3節順位表
グループA
1位:名古屋グランパスU18(勝ち点9/得失点差+15)
2位:横浜FCユース(勝ち点6/得失点差-2)
3位:FC町田ゼルビアユース(勝ち点3/得失点差-2)
4位:モンテディオ山形ユース(勝ち点0/得失点差-11)

グループB
1位:鹿島アントラーズユース(勝ち点7/得失点差+8)
2位:V・ファーレン長崎U-18(勝ち点6/得失点差+4)
3位:徳島ヴォルティスユース(勝ち点4/得失点差0)
4位:カターレ富山U-18(勝ち点0/得失点差-12)

グループC
1位:ヴィッセル神戸U-18(勝ち点9/得失点差+6)
2位:FC東京U-18(勝ち点6/得失点差+7)
3位:ファジアーノ岡山U18(勝ち点3/得失点差+3)
4位:サンクFCくりやま(勝ち点0/得失点差-16)

グループD
1位:サンフレッチェ広島ユース(勝ち点7/得失点差+4)
2位:大宮アルディージャユース(勝ち点6/得失点差-1)
2位:セレッソ大阪U-18(勝ち点3/得失点差-1)
4位:ジュビロ磐田U-18(勝ち点1/得失点差-2)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA