2019.11.28

「YASUDA」がヴェルスパ⼤分のユニフォームサプライヤーに

サッカー総合情報サイト

 24日、株式会社YASUDAは、来シーズンよりJFLに所属するヴェルスパ大分のユニフォームサプライヤーになることを発表した。

「YASUDA」は1932年に日本初の純国産サッカースパイクメーカーとして誕生したが、2002年に経営破綻。それから16年が経過した2018年に、クラウドファンディングによって8,460,800円(支援者297名)を集め、株式会社YASUDAとして復活を遂げていた。

 以下、プレスリリースより。

 株式会社YASUDAは、2020シーズンより、JFL(⽇本フットボールリーグ)所属のヴェルスパ⼤分とユニフォームサプライヤー契約を締結いたしました。

◆今回の契約に関する経緯
「YASUDA」は、2018年に実施したクラウドファンディングにて、多くの⽅にご協⼒いただいただき復刻させることができました。その際、たくさんの激励を頂戴しましたが、いち早くご⽀援のメッセージをいただいたのが、ヴェルスパ⼤分のエキップメント阪本遼太⽒でした。

 メッセージをいただいたことをきっかけに、阪本⽒には当社のスパイクの開発の、アドバイザーとしてもご尽⼒いただいております。

 また、コミュニケーションを進める中で多くの共感を経て、今回の「YASUDA」によるヴェルスパ⼤分へのユニフォームサプライヤー契約を締結することになりました。ヴェルスパ⼤分のJリーグへ昇格する⽬標と、「YASUDA」の『⼈と⼈をつなぐブランドになる』のビジョンの実現を、共に叶えて⾏きたいと思います。

◆ヴェルスパ⼤分2020シーズン新ユニフォームデザイン

 また、今回のユニフォームサプライヤー契約にあわせて、株式会社YASUDAは、オーダーユニフォームの受注生産を開始いたします。

◆オーダーユニフォームの受注生産開始について
 クラウドファンディングを活用したYASUDAの復刻以来、多くのかたのご協力もあり、本年はスパイク「YX-2019」の開発・販売開始をすることができるようになりました。その一方で、以前から多くのお客様より、「YASUDAで自チームのユニフォームを製作したい」とのご要望を多数いただいておりました。

 みなさまの「YASUDA」に対する期待と熱量をしっかりと受け止めたく、また具体的にお応えすべく、このたび、オーダーユニフォームの生産体制を整えることができました。YASUDAでは、今後もみなさまのお声に、もっとお答えできるよう、様々な製品を企画・ご提供して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、当面はHP上のお問い合わせフォームから、メールでのお問い合わせによりオーダーを承ります。以上をご確認のうえ、ご連絡ください。

YASUDA公式サイト:https://yasudafootball.com/verspah-2019/

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る