2018.10.12

アンブロ史上初のレースレス・レザースパイク「U-メデューサIII エリート」が新登場!

サッカー総合情報サイト

 アンブロは12日、最新スパイク「U-メデューサIII エリート」を発表した。同商品はアンブロのフットボールブランド世界初のレースレス(靴紐なし)・レザースパイクとなる。メデューサシリーズのタッチ感とスピードに加えて、一枚パネルのカンガルーレザーアッパーを搭載。従来のシューレースのシステムを取り払い“less is more”の考え方が反映されている。

[以下、リリース掲載]

・アンブロ史上最軽量170gのレザースパイク

・レースレスのアッパーは前足部をカンガルーレザーの一枚革を大きく配置し、ストライクエリアを広げ、足への凹凸感を減らし、快適性を追求しました。

・エンジニアードニットとTPUの熱圧着のサポートゾーンで構成された履き口は足を入れる際に楽な仕様となっており、かかと部分の安定性をサポートしています。

・スペシアーリのステッチラインに合わせた型押しのフレックスグルーブ(溝)は、柔軟性と、しっかりとしたフィット感をもたらします。さらには履き口部分のパッド部分とかかと部分内側にシリコングリップパッドを施しておりホールド性をサポートしております。

・軽量で剛性のあるぺバックスのアウトソールは、丸形と変形のスタッドの組み合わせは、グリップ性を向上し全方向へスピードとトラクションを向上します。スタッドの位置と構造は、選手のフィードバックと動きの中で最も力のかかる部分を分析し配置しました。U-メデューサIII エリートは、ブラック×ホワイト×マリーングリーンのカラーリングで、ポルトガル代表のペペや、ペルー代表のエディソン・フローレスとアメリカ女子代表ゴールキーパーであるアシュリン・ハリスを始め、数々のアンブロ契約選手によって着用されます。10月8~16日の行われるインターナショナルマッチでピッチ上で見ることができます。日本ではガンバ大阪の藤春廣輝選手が着用予定です。

「U-メデューサIII エリート」は、デサントストア(https://store.descente.co.jp/)で10月19日より数量限定で販売される。
※一般販売は2019年2月を予定

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る