2018.01.18

ニューバランスのスパイク『VISARO』と『FURON』がバージョンアップ

サッカー総合情報サイト

 ニューバランスフットボールは18日、バージョンアップしたスパイク「VISARO(ビザロ)2.0」と「FURON(フューロン)3.0」を発表した。

 同社のジェネラルマネージャーを務めるのケニー・マッカラム氏は、「2018年のスタートをバージョンアップしたFURONとVISAROとともに迎えることができ、嬉しく思います。エネルギッシュでありながらも、スタイリッシュなカラーリングでピッチ上において目立つこと間違いなしのこの二足は、プロ選手から公園でフットボールを楽しむ人まで幅広い方々に気に入ってもらえると思います。皆さまのもとに届くことを楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 以下、リリース。

■VISARO(ビザロ)2.0

しなやかな新素材をアッパー部分に採用

「VISARO2.0」を着用する選手のマインドはひとつ。ゲームを縦横無尽にコントロールすること。正確なパスを繰り出し、創造的にゲームを支配し、常に影響力を持つ選手のためのモデルです。アッパー部分にマイクロファイバーを搭載し、前バージョンより、柔らかい素材であるマイクロファイバーを採用することで足入れ感覚やプレーした時の心地よさが格別に上がり生まれ変わりました。「受ける」「蹴る」の動作を徹底的にデータ分析し、最適化された立体的凹凸加「ZONAL FUNCTION(ゾーナルファンクション)」が今までにないボールのコントロール性を提供してくれます。データに基づき、研究され多方向に配置されたスタッドは足の踏ん張りが伝わる構造に設計。また、ランニングシューズで採用されているクッショニング素材「FRESH FOAM(フレッシュフォーム)」をインソールに採用することによりナチュラルで快適な履き心地を実現しています。「VISARO2.0」は、フレッシュなブルーカラーで全体をまとめつつ、アウトソールとスタッド部分にイエローのハイライトを施したスタイリッシュな一足です。

■FURON(フューロン)3.0

履き口のパイピングで履き心地を向上

「FURON3.0」を着用する選手のマインドは至ってシンプル。相手のディフェンスを抜き去り、決定的なチャンスを作り、結果を出すこと。高い技術を持ち、圧倒的な加速力と正確なシュートで試合を決定付けるような、攻撃意識の高い選手のためのモデルです。軽量化されたハイブリットメッシュ素材をアッパー部分に採用することにより、軽量性と耐久性を両立。そしてTPUを特殊コーディングしたポリエステルを組み合わせたメッシュ素材と履き口のパイピングは、しなやかさを活かした足入れの良さと耐久性の高さを実現。よりプレッシャーがかかるキーゾーンにはホールド性と耐久性を高めた「FANTOMFIT(ファントムフィット)」を採用しています。さらに、Data to Designに基づき採用された「REVlite(レブライト)」素材のインソールはグリップ性とクッション性をサポートしてくれます。「FURON3.0」は、一際目を引く鮮やかなイエローとブラックの組み合わせに、Nマークとスタッズにモルディブブルーを配色し、アクセントを加えたエネルギー溢れるルックが特徴の一足。

 

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る