2018.01.06

“筋連動”のために生まれたハイパフォーマンスベースレイヤー…アディダスから「ALPHASKIN」が新登場

サッカー総合情報サイト

 アディダスはアスリートの“筋連動”にフォーカスした新たなハイパフォーマンスベースレイヤー「ALPHASKIN(アルファスキン)」を発表した。

 ただ体を大きくしたり、一部分の筋肉を強くしても、それを支える骨や腱までは鍛えることは難しい。そして、アスリートが本来備えているパワーとスピードをバランスよく保持しながら、全身を鍛えることでベストパフォーマンスは引き出される。そこでアディダスは、人それぞれが生まれ持った体のバランスを崩さずに、全身の筋肉を効率よく連動させること(=筋連動)に着目し、ALPHASKINを開発。その特徴は、「ボディラッピング」と「キネティックライン」。ボディラッピングがアスリートの動きを妨げることなく第二の皮膚のような着圧感で体全身を包み込む。さらに、筋肉の動きを意識して配置されたキネティックラインにより、筋連動をより意識しやすい構造となっている。

 また、トップモデルのエリートレンジには、限りなく一枚布で包み込むことを意識し、立体裁断を施した伸縮性の高い生地を使用。さらに、縫い目のないシームレスデザインを採用することで、アスリートに「着ているのを忘れてしまうような第二の皮膚」と感じてもらえるよう、無駄や隙間のないフォームと運動中の快適な着用感を追求している。

これまでにないシューズと足の一体感を実現「ALPHASKIN ソックス」

 同日に発表された「ALPHASKIN ソックス」は、シューズと足の一体感を高めるためのテクノロジーを備えたパフォーマンスソックスだ。生地に極細繊維を採用し、 高い摩擦力によりシューズ内でのソックスの滑りを防止。さらに足底に施されたアディダス独自の「TRAXION グリップテクノロジー」がしっかりと靴底を捉え、シューズ内のパワーロスを防ぐ。加えて通気性に優れたCLIMACOOL を搭載することで、ソックス内の快適さを高める。

 ALPHASKIN ソックスは2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場するサッカー日本代表をはじめとするアディダス着用各国代表オフィシャルマッチソックスにも採用されている。

 ALPHASKIN、ALPHASKIN ソックスは2018年1月4日よりアディダス オンラインストアで先行発売を開始し、2018年1月11日よりアディダス直営店にて発売予定となっている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る