2018.05.03

システム変更の王者・筑波大、4戦目で今季初勝利…三笘薫の2発で法政大撃破

三笘薫
三笘薫(7番、中央)の2得点で筑波大が今季初勝利を挙げた [写真]=内藤悠史
サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦1部 第4節が3日に行われ、柏の葉公園総合競技場の第二試合では筑波大学と法政大学が対戦した。

 昨季のリーグ戦で歴代最高勝ち点を記録し、圧倒的な強さで頂点に立った筑波大だが、今季は開幕3試合で1分け2敗と苦しんでいる。前節は東洋大学に先制を許し、終了間際に何とか追い付いて今季初の勝ち点を挙げた。今節を迎えるにあたり、小井土正亮監督は従来の4バックから3バックに変更。練習時から「オプションとしては考えていた」システムに活路を見出し、「結果が出ない中でトライをしてみよう」と第4節に臨んだ。

櫻庭立樹

筑波大GK櫻庭立樹は1年生ながら、前節から先発起用されている 櫻庭 立樹

 強風が吹く中で行われた一戦、筑波大は風下に立った前半、守備の意識を徹底。公式記録上はシュート0本に終わったが、指揮官が「我慢をして後半勝負ということは言っていた。大人のサッカーをしてくれたかな」と言う通り、まずは先制点を許さないよう、手堅い試合運びを見せた。

風下の前半、筑波大は守備の意識を徹底させた [写真]=内藤悠史

 そして迎えた後半、風上の優位性を活かして敵陣へと押し込み、最終ラインの背後を取るプレーが増えていく。1トップに入ったFW小林幹(1年)が起点となり、シャドーの位置に並ぶMF三笘薫(3年)やMF渡邊陽(2年)が絡んだパスワークでチャンスを演出していった。そして65分、ペナルティーエリア右手前でフリーの状態になった三笘が、相手GKの位置を見てループ気味のミドルシュート。狙い済ました一撃は左ポストを直撃し、ゴールへ吸い込まれた。

三笘薫

筑波大MF三笘薫がペナルティーエリア右手前から先制点を決めた [写真]=内藤悠史

 三苫のファインゴールで先制し、優位に立った筑波大。61分からピッチに立ったMF西澤健太(4年)が左サイドで起点となり、鋭い突破で推進力となった。81分にはMF山原怜音(1年)のスルーパスに反応した三苫が最終ラインの背後を取り、完全にフリーの状態でペナルティーエリア内へ。相手GKとの1対1を冷静に制し、2得点目を挙げて勝利を決定付けた。

 試合は2-0で終了。システム変更を施した筑波大が完封勝利を収め、待望の今季初白星を掴んだ。FW中野誠也(現ジュビロ磐田)が抜けた攻撃陣の起用は試行錯誤が続いているが、今節の戦いぶりはヒントとなりそうだ。西澤やMF長澤皓祐といった4年生アタッカーがベンチに控えていることも、指揮官にとっては心強い材料となっている様子。「中2日で次の試合が来る。勝たないと意味がなくなってしまう」と、6日の国士舘大学戦(柏の葉公園総合競技場)を見据えていた。

【スコア】
筑波大学 2-0 法政大学

【得点者】
1-0 65分 三笘薫(筑波大学)
2-0 81分 三笘薫(筑波大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る