2018.04.29

小野雅史が強烈ミドルで決勝弾…明治大が開幕3連勝、国士舘大を撃破

小野雅史
強烈ミドルを決めた明治大MF小野雅史 [写真]=内藤悠史
サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦1部 第3節が29日に行われ、味の素フィールド西が丘の第一試合では明治大学と国士舘大学が対戦した。

 2年ぶりのリーグ制覇を狙う明治大は今季、第1節で王者・筑波大学に4-1と快勝。さらに第2節ではインカレ覇者の流通経済大学に3-2と競り勝った。昨季のタイトルホルダーを連破し、幸先の良いスタートを切った。

 対する国士舘大は昨季の2部を2位で終え、1年で1部に復帰。第1節は東京国際大学とスコアレスドロー、そして第2節では桐蔭横浜大学に2-3で敗れた。先制された後に一時は逆転したものの、再逆転を許す痛恨の黒星だった。2週間ぶりに再開するリーグ戦、今季初勝利を目指す。

 立ち上がりから主導権を握ったのは明治大だった。MF小野雅史(4年)がパスの起点となり、ボールポゼッション率を高めて敵陣でのプレータイムを増やしていった。そして32分、ペナルティーエリア手前から小野が強烈なミドルシュートを突き刺す。背番号「10」が得意の左足から「あれが決まらないなら…」と振り返るほどの会心のインパクトで先制ゴールを決めた。前半は1-0で終了した。

 後半も明治大がボールを動かして国士舘大を押し込んだ。51分にはMF渡辺悠雅(4年)が右サイドからのカットインで左足を一閃。強烈なシュートは追加点とはならなかったが、相手に脅威を与えていた。

渡辺悠雅

持ち前の突破力を見せた明治大MF渡辺悠雅 [写真]=内藤悠史

 国士舘大はなかなか前線で起点を作れず、苦しい展開に。ボールの奪いどころを統一できず、プレスを剥がされる場面が目立った。結果的に、公式記録に記されたシュート数はわずか1。最小失点差ながらも、勝利は遠かった。試合は1-0で終了した。

国士舘大は反撃を狙ったが、ゴールは遠かった [写真]=内藤悠史

明治大が開幕3連勝を果たした [写真]=内藤悠史

 明治大は次節、5月3日に浦和駒場スタジアムにて早稲田大学と対戦。開幕3連勝同士の一戦に注目だ。一方、3戦未勝利の国士舘大は次節、多摩市立陸上競技場にて専修大学と対戦する。

【スコア】
明治大学 1-0 国士舘大学

【得点者】
1-0 32分 小野雅史(明治大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る