2017.11.10

歴代初の21世紀生まれ! 髙橋ひかるさんが高校サッカー選手権マネージャー就任

髙橋ひかる
第96回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに就任した髙橋ひかるさん
サッカー総合情報サイト

 第96回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーが、映画・ドラマ・CMと幅広く活躍中の髙橋ひかるさんに決定した。

 2001年9月22日生まれで現在16歳、高校1年生の髙橋さんは2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得。2017年はNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演するなど、活躍の場を広げている。

 今回の決定に先立って行われた会見で髙橋さんは、「とても光栄で嬉しく思っています。今まで、マネージャーさんという存在に憧れていて、芸能界に入ってからは高校サッカーの応援マネージャーに憧れていて、今回務めさせていただけることができ、すごく嬉しいです。精一杯選手のことを応援したいです」と冒頭で意気込みの挨拶。

記者の質問にも一つ一つ正対して回答

「幼少期にバレーボールと、中学でバスケットボールを少し」やっていたスポーツ少女の髙橋さんは、「応援されたことが嬉しく、誰かを応援する側に回りたいと思うようになりました。バレーボールをやっていた時から、『応援だけはうまいね』と言われていたので(笑)」と笑顔でコメント。

 幼少期から周囲にプレーする人がたくさんいたため、サッカーは身近な競技だったと話し、「昔から憧れていて。先輩で、女性のサッカーチームが無く、男性のチームに一人で入った方がいて、練習を見たことがあったんですが、印象深く、すごくかっこいいと思いました」と当時を振り返り、「もっと競技人口が増えたら」と、女子サッカーについても触れた。

 気になるサッカー選手は「嘘っぽくなるかもしれないですけど(笑)」と前置きをした上で、今大会の応援リーダーに起用されている大迫勇也の名を挙げ、「すごく広い視野で、臨機応変に対応していて。正確さもあり、シュートもいろいろなテクニックを持っていて、かっこいいなと思っています」と理由を話すと、「まだまだわからないことが多いので、大会を通して、新米マネージャーとして勉強していきたいと思っています」と意欲を見せる。

髙橋ひかる

髙橋ひかるさんは13代目のマネージャーとなる

「限界で『無理かも』と思った時も『頑張れ』の一言で、『もっと出しきれるはず』と頑張れたことがあったので、自分もそうやって、一言でも元気になれるような言葉を発せられるようにと憧れていました」とマネージャーの魅力を語ると、「ずっと憧れていた方々と同じ役目を果たせることがすごく嬉しいです。歴代の方に負けないように、自分らしさを出しながら、選手のことを精一杯、応援したいと思います」と、堀北真希さん、新垣結衣さん、広瀬すずさんといった大きく羽ばたいた“先輩”マネージャー同様、全力で応援することを誓っている。

 第96回全国高校サッカー選手権は11月20日に組み合わせ抽選会を実施。本大会は12月30日に開幕し、2018年1月8日に決勝戦が開催される。

 歴代の応援マネージャーは以下のとおり。

初代 堀北真希さん(第84回大会)
2代目 新垣結衣さん(第85回大会)
3代目 北乃きいさん(第86回大会)
4代目 逢沢りなさん(第87回大会)
5代目 川島海荷さん(第88回大会)
6代目 広瀬アリスさん(第89回大会)
7代目 川口春奈さん(第90回大会)
8代目 大野いとさん(第91回大会)
9代目 松井愛莉さん(第92回大会)
10代目 広瀬すずさん(第93回大会)
11代目 永野芽郁さん(第94回大会)
12代目 大友花恋さん(第95回大会)
13代目 髙橋ひかるさん(第96回大会)

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る