2017.01.10

「監督を男にしたい」願いは持ち越し…夏の挫折を反発心に変えた前橋育英の夢は一歩届かず

knk_7475
試合終了後、肩を落とす前橋育英の選手たち [写真]=兼子愼一郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

「監督を胴上げしたい」(MF大塚諒主将)、「監督を男にしたい」(GK月田啓)。名将・山田耕介監督とともに日本一を目指した前橋育英だったが、青森山田に0-5で敗戦。初優勝は来年以降へ持ち越しとなった。

 決勝の前半はMF高沢颯や大塚らが決定機を迎えながらも決めきることができず。山田監督は「最後の精度ですね。クロスの精度とか、中に入るタイミングとか、青森山田の場合はいいボールが来てそれをドン、ドンと決めていた。その辺の差があったと思います」と語っていたが、逆に前半のシュート3本で2得点を奪われるなど、青森山田にチャンスを確実に決められてしまった。

 それでも初戦から5試合連続無失点でファイナリストに。例年、長短のパスワークが注目される前橋育英だが、山田監督が「本当は特長なんですけれどね」というプレスバック、連動したプレス、デュエルといった守備面の強さが顕著に表れ、躍進の原動力となった。加えて大塚が「松田陸が競って、角田(涼太朗)もいいカバーリングする。DFラインはよく耐えてくれているし、月田もいいプレーしてくれている」と評した個々の奮闘も支えに前橋育英は上位へと駆け上がった。

 夏のインターハイ予選はまさかの初戦敗退。「育英の看板に泥を塗ってしまった」(FW人見大地)という悔しい思いをパワーに、チームは「初戦敗退からの逆襲」を掲げて貪欲に成長を目指してきた。当時から明らかに変わった切り替えのスピード、パスワークの精度、ゴール前での粘り強さ。ピッチ外でも、それまで後輩に任せていたところを3年生が率先してやることで雰囲気を変えた。そして予選突破を果たした前橋育英は、全国2回戦で自分たちが出場することのできなかったインターハイで優勝した市立船橋(千葉)に勝利。その後も接戦を勝ち抜いて2年ぶりに決勝進出を果たした。

 結果は初めて決勝進出した2年前同様に準優勝。歴史を塗り替えることはできなかった。それでも、山田監督は「一歩一歩進んでここまで来たのだから、胸張って帰ろうぜという話をしました」。夏の県初戦敗退から全国決勝進出。努力の成果を結果で示して3年生たちは後輩にバトンを繋いだ。いずれも大会優秀選手に選出されたFW飯島陸や左SB渡邊泰基、そして松田ら2年生の主力6人を残す来季、指揮官の「0-5を忘れてはいけない」という言葉を胸に、下級生たちは先輩以上の努力をして初の選手権日本一を勝ち取る。

取材・文=吉田太郎

Jリーグ順位ランキング

鹿島アントラーズ
39pt
川崎F
38pt
浦和レッズ
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る