2016.12.26

<選手権フォーカス>【立正大淞南】「楽しさや難しさを学んだ」集大成を “生粋の点取り屋”梅木翼

梅木翼
プリンスリーグ中国で得点王に輝いた立正大淞南FW梅木翼 [写真]=森田将義
育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター

 高校選手権出場の常連となった島根県代表の立正大淞南だが、今年はチームスタッフから「史上最弱」と呼ばれてきたように、コンスタントにインターハイや選手権で全国の上位に食い込んできた近年ほどの力はないかもしれない。ただ、汚名を返上するために必要な強烈なストライカーがいるという大きな強みもある。プリンスリーグ中国で16点をマークし、得点王となった3年生FW梅木翼だ。

 自身は、「今年のチームは昨年や歴代の先輩たちと比べて力がない」とチーム力を評し、個人として見ても「強烈な存在だった」という先輩のFW井上直輝、杉本龍哉ほどではないと謙遜するが、182センチの大型ながら足元の技術を備えたスケール感は他のFWを凌駕する物を持つ。また、控え目に話す一方で、「クロスへの飛び込みや、得点力では負けない」と自信もうかがわせるようにゴールにかける想いの強さもピカイチだ。

 ポストプレーやヘディングの動きがどうしても目立ってしまうが、一瞬の動きでゴール前を抜け出してフィニッシュまで持ち込む場面や、「少しでもゴールが奪える可能性があるなら」とケガを気にせず果敢に相手GKとDFのクリアに飛び込む場面が梅木の真骨頂と言える動きで、一見するとズラタン・イブラヒモヴィッチのようなタイプと思われるかもしれないが、本質は元イタリア代表のフィリッポ・インザーギや佐藤寿人のような生粋の点取り屋だとチームスタッフは評する。

 もともと島根の生まれで、多くの選手がプロへと進む姿を見て、立正大淞南への進学を決意した。最初は「自分がイメージしていた以上に速かった」と縦に速いスタイルに戸惑いもあったが、年を重ねるごとに適応。「淞南に来て、サッカーの楽しさや難しさを学ぶことができた」と話すように、高校3年間でサッカー選手として大きく飛躍を遂げた。また、学校生活や寮生活などピッチ外でも淞南に来たことで成長できたとも感じている。この3年間、自身を支えてくれた人に感謝を示すため、最後の大舞台で大暴れし、勝利を届けてくれるはずだ。

取材・文=森田将義

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る