2016.05.04

直訴のFW転向から一転…「自分が一番輝ける場所」を見つけた慶應大DF宮地元貴、目標は「プロ入りとA代表」

サッカーキング編集部

 豪快なヘディングや大きな掛け声で攻守に渡って慶應義塾大学をけん引する。そのプレースタイルにたどり着くまでには、挫折や葛藤を乗り越えてきた過去があった。熱い想いを胸に秘めながら、冷静に先を見とおして地道な努力を惜しまないDF宮地元貴は、憧れを憧れのままで終わらせず、ストイックに夢を追い続ける。

インタビュー=平柳麻衣 写真=平柳麻衣、慶應スポーツ

中学時代はテクニシャン系。金森健志との“エース対決”は意識した

――サッカーを始めたきっかけは?
宮地 幼稚園の時にサッカー教室に通い始めたのがきっかけです。当時、清水エスパルスのサッカースクールにも通っていました。静岡県の御殿場市に住んでいたので、沼津や駿東のスクールに通っていたのですが、当時の富士校には石毛(秀樹/現清水エスパルス)選手がいたんです。

――同学年ですよね?
宮地 はい。面識はなかったですけど、当時から石毛選手は「富士校の天才」と有名でした。スクール生は、エスパルスの試合の前座でよく試合をやっていたので、日本平(現IAIスタジアム日本平)でも試合をしたことがあります。前座の後、そのままスタジアムでエスパルスの試合を見させてもらえたのですが、当時在籍していたファビーニョやアレックス(三都主アレサンドロ)、サントス、真田雅則選手などが特に印象に残っています。

――小学校時代は?
宮地 小学1年から3年までは小学校の少年団に入っていたんですけど、4年生の時にFC時之栖という新しいチームができました。FC時之栖の方が静岡県の東部地区全体から選手が集まってきていてレベルが高かったので、4年生から6年生まではFC時之栖に入っていました。

――小学生の頃から向上心が強かったのですね。
宮地 そうですね。サッカー以外のものにはあまり興味がなかったですし、サッカーが好きでたまらなかったです。

――中学では地元を離れ、神奈川県の桐蔭学園中学校に進学しました。
宮地 中学、高校、大学と先を見据えた中で、サッカーはもちろんですけど、勉強面もレベルが高い環境で両立したいと思ったので、神奈川県にある祖母の家から通える桐蔭中を受験しました。

――中学時代で特に思い出に残っている試合はありますか?
宮地 2年生の時の全中(第39回全国中学校サッカー大会)で、桐蔭として初めて全国優勝できました。それまでも桐蔭は強豪と言われていたんですけど、なかなか優勝できていなかったので、日本一になれたのは大きな経験だったと思います。

――当時の対戦相手に、印象深い選手はいましたか?
宮地 決勝は筑陽学園中学校と対戦したのですが、今、アビスパ福岡にいる金森(健志)がいて、向こうも2年生ながら試合に出ていました。その時、自分はサイドハーフやトップ下のテクニシャン系だったんですけど、向こうも攻撃の中心選手で10番をつけていたので、“エース対決”として意識しましたね。試合は、延長戦でゴールを決めて、1-0で勝ちました。

――現在はDFとしてプレーしていますが、これまでのポジションの推移を教えてください。
宮地 幼稚園や小学生の頃は“お山の大将”でした(笑)。基本的にFWやトップ下など前目のポジションで、背番号は10番。中学でもサイドやトップ下をやって、(東京)ヴェルディユースのセレクションも前目のポジションで受けたんですけど、周りの選手の方がうまかったことと、自分の体が徐々に大きくなってきたこともあって、センターバックにコンバートされました。

――東京Vユースに入るまでは、技術的な部分に自信を持っていたのですか?
宮地 持っていましたね。でも、いざヴェルディに行ってみると、2学年上が小林祐希(現ジュビロ磐田)君や高木善朗(現東京V)君などの“プラチナ世代”と呼ばれる代で、本当にうまい選手ばかりでした。最初はその中で勝負しようと思ったんですけど、だんだん「そこだけで戦ってはダメだな」と思うようになりました。

IMG_0070

小林祐希君はいつも世界を意識していたし、オーラがすごかった

――そもそも東京Vユースに入った経緯は?
宮地 一般セレクションを受けました。実はジュニアユースのセレクションも受けていて、その時は最後まで行って落ちてしまいました。ユースでもう一度チャンスがあったので、やっぱり高いレベルでやりたいと思って受けたら、ユースの冨樫剛一監督(現東京V監督)が、ジュニアユースのセレクションの時にも自分を見たことを憶えていてくれたんです。「そこまでここでやりたいと思ってくれていることは、すごくうれしい」と言われて、取ってもらいました。

――それほど東京Vに対して強い思い入れがあったのですか?
宮地 はい。やっぱりユース年代では一番だと思っていました。静岡にいても知っているくらいだったし、桐蔭高校に上がる選択肢もあったんですけど、やっぱり挑戦したいと思いました。

――実際に東京Vユースに入って、レベルの高さを感じましたか?
宮地 中学までは「俺が、俺が」と自分中心でやってきたんですけど、ヴェルディはそういう選手の集まりなので、みんなうまいし、個性が強いし、年代別の日本代表に入っている選手も何人もいたし、それまで自分が強みにしていた“うまさ”では劣るなと感じました。やっぱり中体連と全国トップレベルのJの育成組織では全然レベルが違いましたね。

――特にうまいなと思った選手はいますか?
宮地 小林祐希君です。高3の時からトップの試合にも出ていたので、関わる機会はあまりなかったですけど、たまにユースの練習に来た時にはすごくうまいなと思いました。いつも世界を意識していたり、高い目標を持っていて、現状に満足していない人だなと感じたし、オーラがすごかったです。

――ユースではいつ頃から試合に出始めたのですか?
宮地 高2の始め頃にセンターバックにコンバートされてから少し出たんですけど、定着はできず、コンスタントに出たのは3年生になってからです。

――センターバックにコンバートされた時はどんな気持ちだったのですか?
宮地 正直、最初は嫌だなと思いました。やっぱり前で出て点を決めて目立ちたかったですし、点を決めることが気持ちいいと思っていたので。

――その後、気持ちに変化は生まれましたか?
宮地 センターバックは相手の状況に合わせて動くポジションだと思うんですけど、自分の声でチーム全体を動かせることや、体を張ってピンチを防ぐことで自分が輝ける場面があって、楽しさを感じるようになりました。

――前線の選手とは違った形で注目を集められるポジションですよね。
宮地 そうですね。ようやく、どこのポジションが自分のストロングポイントを一番発揮できるのか、冷静に分析できるようになったと思います。でも、今でも得点を取ること自体は好きですし、セットプレーなどでチャンスはあるので、チームのために体を張って守って、勝負どころでバーンと一発決められたら、それはそれですごくカッコいいなと思っていますけどね(笑)。

――ユース時代はまだ、そのようなDFの魅力に気づけなかったのですか?
宮地 コンバートされた直後はそうでした。挫折と言えば挫折だったので、「何で監督は自分にこのポジションをやらせたんだろう?」と、自分を見つめ直しました。その時はなかなか試合に出られなかったので、監督から求められていることと自分にできることを照らし合わせていった結果、「自分の武器は体だ」と思って、筋トレに励むようになって、高3で成果が形になって現れて、試合にもある程度出られるようになりました。自分にとっては、それがターニングポイントだったと思います。

――高校時代で特に記憶に残っている試合は?
宮地 (高円宮杯U-18サッカーリーグ2012)チャンピオンシップです。トップチームで出ていた選手たちも戻ってきたので、スタメンでは出られなかったですけど、最後に少しだけ出してもらいました。プレミアリーグ(EAST)でずっと試合に出てきた中で、チームの集大成であるチャンピオンシップに先発で出られなかったことは悔しかったですし、チームとしてもサンフレッチェ(広島ユース)に1-4とボコボコにされたので、いろいろな意味で印象に残っています。

――ユース時代に特に仲が良かった選手は?
宮地 みんな仲が良かったですけど、今でも会ったり、遊んだりするのは楠美圭史、安在和樹(ともに現東京V)、ポープ・ウィリアム(現FC岐阜)、(前田)直輝(現横浜F・マリノス)あたりです。(中島)翔哉(現FC東京)は自分の世界を持っているタイプなので……あまりみんなが集まる場には来ていなかったです(笑)。

――現在は、チームメートと積極的にコミュニケーションを取ることを意識しているそうですが、ユース時代もそうだったのですか?
宮地 ユースに入ってからです。中学までは傲慢なところがあって、自分ではそれに気づけていませんでした。でも、天狗になった状態でユースに行ったら、自分よりうまい人がいっぱいいて、この中で生き残っていくためにはどうしたらいいんだろうと考えて、まずはコミュニケーションを取ることが大事だなと。それまでは、サッカーだけでものを言わせていたところがあったんですけど、それだけではやっていけないなと思うようになりました。

miyachi

まずはプロ。そしてA代表を目指したい

――慶應大への進学を考えたのはいつ頃ですか?
宮地 中学受験の時も慶應を受けようか考えていました。サッカーのレベルを考えて桐蔭を選択したんですけど、その時からぼんやりと「慶應っていいな。“慶應ボーイ”ってカッコいいな」とずっと憧れていて、大学に行くなら慶應だなと。

――そんなに早い時期から考えていたのですね。
宮地 はい。あと、ユースの2学年先輩の山浦新君と1学年先輩の端山豪(現アルビレックス新潟)君が慶應に行ったことも大きかったです。自分も慶應に行けるかもしれないと思って、先輩たちから話を聞いて、受けることにしました。

――受験で入ったのですか?
宮地 僕はAO入試で入りました。新君も豪君もAO入試で入ったと聞いて、それなら自己推薦ですし、勉強もサッカーも評価されるので。でも、ダメだったとしても慶應に行きたかったので、一般受験でも入れるように勉強していました。

――サッカーと勉強の両立は大変だったのでは?
宮地 そうですね。でも自分の将来のためだったので、がんばれました。中学の時は首席でしたし、高校の時も理系は苦手と言いながら1、2年は理数科でした。3年生になって、あまり勉強に時間を割けなくなってしまったので、英語、社会、小論文だけに絞って、その3科目だけで受けられるAO入試のB方式で受験し、商学部に入りました。

――大学に入り、1年生のリーグ開幕戦で先発デビューを飾りました。大学サッカーのレベルをどのように感じましたか?
宮地 高校との違いを一番感じたのは、スピードよりもフィジカル面です。体の強さや対人、球際の部分など、自分が強みにしていたところが高校よりもワンランク上だなと思いました。

――それでも開幕スタメンの座をつかんだことで、ある程度手応えを感じたのでは?
宮地 はい。「意外と通用するな」と最初は思ったんですけど、その開幕戦で退場してしまったんです。ハーフウェーライン付近で相手のセンターフォワードに入った楔のボールを思いっきり取りにいったら、足裏が入ってしまい、一発レッドでした。せっかく開幕戦でスタメンを取れて、前半まではいい流れだったのに、後半に入ってすぐに退場したので、結構落ちこみました(苦笑)。

――第2節は出場停止で、それ以降はいかがでしたか?
宮地 第3節は出られたんですけど、当時“黄金期”と言われていた専修大学が相手で、長澤(和輝/現ジェフユナイテッド千葉)君やテル君(仲川輝人/現横浜F・マリノス)がいて、結果はボロ負けでした。それでも監督は次の流通経済大学戦で使ってくれたんですけど、また退場してしまったんです。今度はイエローカード2枚の退場で、1枚目は相手のカウンターを止めてしまって、もう1枚は試合の途中でセンターバックからボランチに上げられてすぐに、結構激しくプレスにいったらもらってしまいました。1年生の最初に2回も退場するなんて、なかなかない経験だと思いますし、最悪の大学デビューでしたね(苦笑)。

――大学2年になり、FWに転向しました。なぜそのタイミングで?
宮地 もちろんDFの楽しさもわかっていましたけど、やっぱり元々は前のポジションだったので、もう一度FWに挑戦したいという気持ちがあったんです。ちょうどその年は、よっち君(武藤嘉紀/現マインツ)が抜けて前線の層が薄くなっていて、逆に守備陣には(久保)飛翔君(現ファジアーノ岡山)など良い選手がたくさんいたので、どっちの方が試合に出られるのかと考えました。「大学サッカーで1年間経験を積んだ今の自分なら、前でも意外とできるんじゃないか」という変な自信もあって、須田(芳正)監督に直訴しました。

――監督はすぐに受け入れてくれたのですか?
宮地 いや、最初は「えっ、FW!?」と驚かれました(笑)。でも、1年の時も試合終盤にパワープレーで自分が前線に上がることは結構あったし、ヘディングが特長なので、前線で起点を作るというイメージは監督もあったみたいで、「じゃあ、やってみるか」と。リーグ開幕前の練習試合でコンスタントに点が取れて、「これ、結構いいぞ」と監督も納得してきて、そのまま開幕戦にFWとして出て、点を取りました。

――その1年間でFWとしての手応えは得られたのですか?
宮地 最初にいろいろとデカいことを言ってFWをやらせてもらった中、結果的にポンポン点が取れたのは最初だけで、シーズン合計では4点だったんです。自分としてはいろいろ考えてやっていたつもりだったんですけど、FWのままプロで活躍するだけの手応えは感じられませんでした。「やっぱり前は無理だな」とまた思い直して、ようやく満足したというか、割りきれたというか。

――そのように感じたきっかけがあったのですか?
宮地 1年間ずっと我慢してFWで使ってくれていた監督から、シーズン終盤になって「やっぱりこの先、プロのことを考えるなら、お前は後ろの方がいいと思う」と言われたんです。自分を信頼してくれていた監督からそう言われて、もうこれ以上わがままは言えないなと思いましたし、監督がそう言うならそのとおりだろうと思って、そのシーズンの最後の2試合はセンターバックに戻りました。

――再びDFとしてプレーした昨シーズンはいかがでしたか?
宮地 去年1年間はすごく不安でした。チームには良いDFがいましたし、監督は体が大きいタイプとカバーリングがうまいタイプのセンターバックをセットで使う傾向があったんです。自分と同じくフィジカルを武器にしているタイプにはキャプテンの飛翔君がいて、飛翔君はプロ入りも早く決まっていて監督からの信頼が厚かったので、ヤバいなと思っていました。

――それでも、開幕戦は先発出場しました。
宮地 開幕直前までは飛翔君と望月(大知)の2枚の予定だったんですけど、飛翔君がけがをしてしまったので、自分にチャンスが巡ってきて、結果的に前期は結構試合に出られました。

――1年間のFWでの経験を活かせた部分はありましたか?
宮地 どういうプレーをしたらFWが嫌がるのか、改めてわかりました。また、去年の1年間でDFとして自信がつきましたし、後期リーグからは豪君が新潟に行ってしまったので(※端山は2015シーズン途中から2015JFL・Jリーグ特別指定選手として新潟でプレー)、ボランチをやったんですけど、ボランチとしてもある程度できると手応えを感じました。センターバックとボランチができる選手は重宝されると思うし、新たな可能性を発見できたのは良かったです。

――今シーズンは主にどちらのポジションで起用されそうですか?
宮地 チーム事情的にセンターバックだと思います。でも、自分みたいなタイプのセンターバックは多いので、貴重さを考えるとボランチで出たいなと思っています。監督も「できればボランチで使いたい」と言ってくれているので。

――慶應大からプロに進んだ選手はたくさんいますが、特に2学年先輩の武藤選手から大きな影響を受けたそうですね。
宮地 サッカーやトレーニングに対する姿勢をよっち君から学びました。グラウンド内はもちろん、グラウンド外での筋トレなどもやっぱりすごいんです。大学時代からスーパーな人でしたが、それに伴う努力をしていることを目の当たりにしたので、憧れていましたし、すごく刺激を受けました。

――今シーズンはキャプテンを務めます。どんな1年にしたいですか?
宮地 個人のことはもちろん大事ですけど、チームの結果に一番こだわりたいので、目標は関東大学リーグ優勝です。チームとして結果を残すことで、それぞれの選手が注目を集めるような集団にしたいと思っています。

――最後に、今後の大きな目標を教えてください。
宮地 まずはプロを目指します。今年初めて全日本大学選抜に入って、やっぱり日の丸を背負うことはすごくカッコいいなと感じて、国歌斉唱で「君が代」が流れた時には感動しました。そして、サッカーを続けるからには、A代表を目指したいと思います。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る