2016.01.07

神村学園、粘り強い守備とセットプレーを武器に10年ぶりの頂点へ

神村学園
セットプレーから2得点を挙げた神村学園 [写真]=吉田孝光
10年以上にわたり女子サッカーを追いかける気鋭のライター

 準決勝で修徳高校(関東第2代表/東京)と対戦した神村学園高等部(九州第1代表/鹿児島)が、セットプレーの2発で2-0と修徳を退け、3年ぶりの決勝進出を決めた。

 両チームの先発メンバーの平均身長で見ると、約2.1センチ、修徳の方が高い。しかしながら、セットプレーなど空中戦の多くの場面で競り勝っていたのは、神村の方だった。

 21分、左CKを蹴ったFW水津桃果のボールに対し、MF橋谷優里が頭で合わせて神村が先制。そのすぐ2分後には、今度は右CKを蹴った水津のボールに、再び橋谷が右足を伸ばして追加点。この2得点で神村は勝利を大きく近づけた。

「相手の選手が触れないような、速くてストレート性のボールを入れようと思った」と左右両方のCKを任されている水津。確かに、その弾道は正確なだけではなく速い。神村は得意のセットプレーで、今大会の1回戦から、すべての試合で得点を奪ってきた。

 それだけではない。神村は夏休みに走り込んで追い込み、そして秋からは守備の徹底をしてきた。

「その守備の安定が勝ちにつながっている。技術力では修徳の方が高かった。神村が勝ったのは、球際の強さと走り勝ったところだけ」と神村の寺師勇太監督は、勝因を話す。

 神村は粘り強い守備を続け、高い技術を持つ修徳の長所を消すことに成功した。

「今年はヘディングが得意な選手が多い。セットプレーは、ある意味、試合とは別物。自分たちでゴールにすることができる」

 セットプレーのキッカーを任されている水津は、思い通りの得点で決勝進出できたことに、納得の表情だった。

 日本一を懸けて戦う藤枝順心高校(東海第1代表/静岡)との決勝戦については、「技術面で藤枝順心の方が上っていることは、分かり切っている。神村はうまさはないけど、泥臭く戦うことが大事。ボールを回してじっくり攻めて来る相手にめげず、しつこくプレッシャーにいければ。とにかく粘り強く戦う」とすでに水津の中では勝敗を分けるポイントが明確だ。

 誰にも邪魔させないセットプレー。これが神村を10年ぶりの日本一へと大きく前進させる。

文=馬見新拓郎

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る