FOLLOW US

神奈川県勢初の選手権制覇へ…日大藤沢のカギは守備と“一発”【高校選手権4強紹介】

静岡学園との準々決勝に先発した日大藤沢のメンバー [写真]=鷹羽康博

 日大藤沢躍進の一番のハイライトは県大会にある。神奈川県予選決勝トーナメント2回戦で、日大藤沢は桐光学園と対戦。神奈川県予選では桐光学園有利と目されていた中で、チームは躍動。1-1で迎えた試合終了間際に、エースの田場ディエゴが決勝弾を挙げ、撃破した。これでチームは一気に波に乗った。準々決勝でインターハイ出場の向上、準決勝で桐蔭学園と次々と難敵を撃破し、決勝では伏兵・厚木北を下し、7年ぶりの出場を決めた。

 勢いそのままに、本大会で快進撃を続けた。県予選はスーパーサブ的存在だった田場ディエゴ、スタメンから名を連ねるようになった。本来のトップ下で起用された田場は、初戦の徳島市立(徳島県代表)戦、2回戦の高川学園(山口県代表)戦、3回戦の開志学園JSC(新潟県代表)戦と3試合連続でゴールを決め、好調をアピール。チームも過去最高成績となる準々決勝進出を果たした。

 今大会、日大藤沢は3回戦までは強豪とは当たらない組み合わせだったが、準々決勝の相手は夏のインハイ王者で優勝候補筆頭の東福岡(福岡県代表)を3-0と一蹴して勝ち上がってきた静岡学園(静岡県代表)。チームの真価が問われる試合となった。

 静学戦では相手の個人技の高さに押し込まれるシーンが多く、苦戦を強いられた。だが、守備陣の集中力は凄まじく、距離感を保ち、ギャップを埋めながら相手にドリブルで簡単に突破を許さなかった。だからこそ後半の巻き返しに繋がった。

 この集中力の高い守備を準決勝でも披露できるか。そして一番のポイントになるのが、1トップに入るであろうFW栗林大地と、静学戦で体調不良から復帰し、決勝弾を叩き込んだMF今井裕太の出来だ。

 田場の左足は間違いなく全国トップクラス。前を向いてプレーすることで、その能力を存分に発揮できる。静学は田場にそれをさせない守備をしてきた。ゆえに試合ではサイドに流れる機会が増えたためゴールから遠ざかった。その中で決勝弾をアシストしたのは流石だがゴールという結果は出せなかった。

 だからこそ、栗林が前線、今井がサイドもしくはトップ下の位置でボールを受けて起点を作り、高い位置で田場に前を向いてプレーをさせることが出来るかが大きなポイントになる。

 静学戦で同点弾を決めたFW前田マイケル純も好調をキープしており、田場と共に“一発”を持ったこの2人が爆発するか。準決勝突破はここに懸かっている。

 不安要素があるならば、準々決勝でイエローを受け、左SB富山北斗が出場停止になったことか。だが、チーム全体のモチベーションが上がっており、代わりに出場するであろうDF三明風生もドリブルが持ち味で遜色ない存在感を出してくれるだろう。

 これまで、神奈川県勢は選手権優勝が無い。最高は中村俊輔(現横浜F・マリノス)がいた第75回大会の桐光学園の準優勝だ。歴史を塗り替えるべく、3大会連続ベスト4、前回準優勝の星稜(石川県代表)に挑む。

文=安藤隆人

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA