2015.01.03

前回準優勝の星稜、終盤の大田賢生勝ち越し弾で米子北退けベスト8進出

試合後、スタンドに勝利の報告をする星稜 [写真]=鷹羽康博

 第93回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が3日に各地で行われ、浦和駒場スタジアムでは鳥取県代表の米子北と石川県代表の星稜が対戦した。

 1回戦で昌平(埼玉県代表)、2回戦で中京大中京(愛知県代表)に勝利して3回戦にコマを進めた米子北。星稜は大会直前に河崎護監督が交通事故によりチームを離れ、木原力斗監督代行が指揮を執る中、初戦の鹿児島城西(鹿児島県代表/2回戦)では退場者を出すも、PK戦で勝ち上がり8強入りを目指す。

 試合が動いたのは11分、GKからのフィードを受けた星稜左サイドの阿部雅志がドリブルで右サイドへ流れていくと、エリア内右の藤島樹騎也へラストパス。これを藤島がゴール左へ流し込んで、星稜が先制する。米子北はパス回しやドリブルの仕掛けでペナルティエリア内に侵入する場面を作るが、決定機は作れず。前半は星稜のリードで折り返す。

 後半、リードしている星稜は相手陣でボールを回して優位に試合を進める。55分には左サイドからのクロスに大田賢生がヘディングで合わせたが、ゴール右に外れた。60分にもエリア内右でパスを受けた大田がシュートを放ったが、米子北GK中原創太が好反応を見せた。

 ベンチが先に動いたのはリードしている星稜。中條直哉に代わり杉原啓太が62分からピッチに立った。米子北は65分、定本佳樹が抜け出してシュートを放つ場面があったが、GKの正面を突く。直後、米子北も山崎敏也に代え小嶋海斗がピッチへ。すると直後のプレーで右サイドからのボールをニアサイドの定本がヘディングで落とすと、ファーサイドでフリーの君垣隆義が流し込み、米子北が同点とする。

 試合が振り出しに戻り、米子北は松本浩輝に代えて山室昴輝、星稜は阿部に代えて加藤諒将を投入する。すると75分、星稜は右サイドからのサイドチェンジを受けた投入されたばかりの加藤が左サイドから低いクロスをニアサイドに送る。そこへ走り込んだ大田が左足のヒールで合わせてゴール右へ流し込み、勝ち越しに成功する。

 終盤、米子北は1点を追いかけて猛攻を仕掛けるが星稜守備陣が体を張って対応。そのまま2-1で終了し、前回大会準優勝の星稜がベスト8進出を決めた。

 勝利した星稜は5日に同会場で行われる準々決勝で、履正社(大阪府代表)と中津東(大分県代表)の勝者と対戦する。

【スコア】
米子北 1-2 星稜

【得点者】
0-1 11分 藤島樹騎也(星稜)
1-1 66分 君垣隆義(米子北)
1-2 75分 大田賢生(星稜)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る