2015.01.02

開幕目前、高校女子選手権注目選手紹介【間明瀬奈/木付優衣/万屋美穂/宮地明日翔】

高校女子サッカー選手権
湘南学院の間明(左上)、日ノ本の木付(右上)、日ノ本の万屋(左下)、作陽の宮地(右下) [写真]=馬見新拓郎

 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が、2015年1月3日(土)から11日(日)まで、兵庫県を舞台に開催される。大会は32チームによるノックアウト方式で行われ、女子高校生の日本一を決定する。

 開幕を前に同大会へ出場する32校の中から、注目選手を紹介したい。

■間明瀬奈(MF/湘南学院)
 センターポジションでチーム浮沈のカギを握る秀才ボランチ。2年時からキャプテンを任され、周囲から絶大な信頼を集める。確かな基本スキルを持つだけでなく、試合終了まで絶え間ない声掛けによって味方を助けながらチームのバランスを取り、隙を見て相手ゴールも脅かす状況判断に優れる。1回戦でPK負けを喫した前回大会は、間明自身がその最後のPKを失敗。「関東予選では負けも経験して、準備不足を痛感した」という反省材料を今一度胸に刻み、冬の選手権で最高の思い出を作る。

■木付優衣(GK/日ノ本学園)
 優勝を収めた夏のインターハイ4試合で1失点、兵庫県と関西地区予選6試合で無失点に抑えた日ノ本学園の堅守を支える守護神。インターハイでの活躍が認められた形で、その後、U-18日本女子代表候補キャンプに選出された。日ノ本学園の田邊友恵監督が「今年の3年生はみんな真面目な一方、大人しい」と話す中にあって、彼女は常勝軍団のムードメイカーという役割も。安定感のあるセーブとPK戦を得意とし、非常に意識の高い選手。伸びしろは充分だ。

■万屋美穂(DF/日ノ本学園)
 けがによって夏のインターハイは欠場したが、満を持して高校最後の大会に臨む。ミスが極端に少ないプレーが売りで、いわゆる『計算できる』サイドバック。的確な守備に定評があり、各年代別代表に名を列ねてきた。昨季は飛び級でU-19日本女子代表(ヤングなでしこ)に選出され、アジアU-19女子選手権に出場した。「今大会は地元・兵庫でプレーできることも大きなポイントのひとつ。感謝の気持ちでプレーする」と、久しぶりの全国大会で、様々な思いを胸にプレーで表現する。

■宮地明日翔(DF/岡山作陽)
 169センチの恵まれた体格を活かし、作陽のDFラインを統率。軸がブレない力強いキックでチームのピンチを何度も救ってきた。夏のインターハイでは準決勝で日ノ本学園にPK戦の末に惜しくも敗退し、「明らかに(日ノ本学園の)個人レベルが高く、自分たちのサッカーをやり切れなかった」と試合後に悔しがったが、強いハートを持つ彼女は涙を流さず、すぐに前を向いた。「準決勝で日ノ本と対戦できたことを、これからの強みにして冬の選手権を戦い抜きたい」。将来性豊かなセンターバックが各校のアタッカーを封じる。

文=馬見新拓郎

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る