2013.12.30

初戦突破の熊本国府・佐藤光治監督「プラン通り」

[写真]大木 雄介

第92回全国高校サッカー選手権大会の開幕戦が30日に行われ、熊本県代表の熊本国府と東京B代表の國學院久我山が対戦し、2-1で熊本国府が勝利を収めた。

熊本国府・佐藤光治監督
「県大会からこのような形で勝ってきた。スタイルは崩さない。よく頑張ってくれた。今日は子どもたちを信じてベンチに座っていることが多かった。プラン通りにやってくれた。これがサッカーという感じのゲーム。國學院久我山さんはすごい攻撃力があり、試合を見ている人は(熊本国府は)どうなることかと思ったでしょうが、しのぎながらワンチャンス、ワンチャンスを生かしてくれた」

熊本国府・11大槻健太
「2点とも触るだけだったので、今日は守ってくれたディフェンスと応援して下さった皆様のおかげ。最初から勝つつもりでいたのでうれしい」

熊本国府・4西村大吾
「国府らしいサッカーはあまり見せられなかったが、今日はGKと、FWの大槻のおかげで勝てた。次の試合は国府らしく無失点で守ってワンチャンスを決めたい。守備は夏の鹿児島合宿から鍛えてきたので自信があった。ゴール前で体にシュートをぶつける、痛い練習もあった。午前か午後のどちらかの練習では必ずやることになっていて、ボールがみぞおちに入って苦しんでいる選手もいた。あれは、嫌でした(笑)。今日は失点してしまったけど、シュートを打たれても体に当ててゴールの外に弾くことは何度かできたので、効果はあったと思う」

熊本国府・7山口慶希
「相手はバルセロナを意識したチームなので、ワンツー対策は練ってきた。ボールだけでなくパスを出した後の相手も見るようにして、相手を前に出さないようにした。久我山が勝つと思っていた人が多かったと思うけど、守備からうまく入れたので自分たちのリズムになったと思う」

國學院久我山・7渡辺夏彦
「単に決めるべきところで決めた相手と、決められなかった自分たちの差が結果として表れた試合だと思う。ずっとこっちが攻めていたので、0-1の後半もビッグチャンスが数回くると思っていた。その中で取れれば自分たちのペースになると思っていたので、失点をしても焦りはなかった。相手がここまで引いてくるとは思わなかったけど、そこを割れなかったのが僕たちの弱さ。僕自身にもビッグチャンスがあったのに、あれを決められなかったら何なんだという気持ち。あそこで決めなければという後悔がある」

國學院久我山・5平野佑一
「久我山サッカーが見せられたのに負けてしまったというのは、よく分からない気持ちだけど、個人的に後悔はない。李済華監督や清水恭孝コーチ、三栖英輝フィジカルコーチに備えてもらった力を発揮できた。後輩たちがこの舞台で自分らしさが出せなかったのは仕方がないと思う部分もあるけど、この敗戦を糧にしてもらって、自分たちが果たせなかった高校日本一を果たしてほしい」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る