FOLLOW US

ブラジル、3度ネットを揺らすもスコアレスドロー…決勝T進出は最終節に持ち越し

[写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ グループステージ第2節が19日に行われ、グループAのブラジル代表とベネズエラ代表が対戦した。

 両チーム無得点で迎えた39分、ブラジルはダニエウ・アウベスのクロスからロベルト・フィルミーノがゴールネットを揺らすも、直前にファールがあったとしてノーゴールの判定に。60分にはフィルミーノのパスを途中出場のガブリエル・ジェズスが流し込むも、VARでオフサイドの判定となり、またしてもゴールは認められなかった。

 さらに87分、エヴェルトンが左サイドを突破すると、最後はフィリペ・コウチーニョが押し込んだ。しかし、またしてもVARでオフサイドの判定となり、得点は取り消しとなった。

 試合はこのまま0-0で終了。ブラジルにとって勝てば決勝トーナメント進出が決まる1戦はスコアレスドローに終わった。

 ブラジルは23日(日本時間)、グループステージ最終節でペルー代表と、ベネズエラは同日にボリビア代表と対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 0-0 ベネズエラ代表

【得点者】
なし

【スターティングメンバー】
アリソン;D・アウベス、T・シウヴァ、マルキーニョス、F・ルイス;カゼミーロ(52分 フェルナンジーニョ)、アルトゥール、コウチーニョ;ネレス(72分 エヴェルトン)、フィルミーノ、リチャーリソン(46分 ガブリエル・ジェズス)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA