2019.06.14

アジア杯の中心メンバーを招集…南米の強豪に挑む“アジア王者”のキーマンたち

[写真]=Getty Images
欧州フットボールを定点観測しながらライター、編集者、翻訳として活動。

 日本と同じく、招待国としてコパ・アメリカ2019に参戦するカタール。今年1月にアジアカップを制した現アジア王者であり、また2022年のワールドカップ開催国でもある彼らは、U-23世代の若手主体で臨む日本とは違い、初出場のこの大会にフルメンバーを送りこんでくる。

 よって、中心となるのはアジアカップ優勝メンバーだ。アジア最高のストライカーとの呼び声高いアルモエズ・アリや、そのよき相棒であるアクラム・アフィーフ、彼らを巧みに操るキャプテンのアル・ハイドスら、日本を存分に苦しめた面々が、南米の強豪たち相手にどれほど通用するのか、楽しみだ。

写真=Getty Images
*カッコ内は現所属クラブ

アルモエズ・アリ(アル・ドゥハイル/カタール)


抜群の加速力と、どんな体勢からでもゴールを射抜く勝負強さが売りのカタールのエース。今年のアジアカップでは大会新記録の9ゴールを挙げて得点王に輝き、同時に大会最優秀選手にも選ばれ、チームの初優勝に大きく貢献した。

アクラム・アフィーフ(アル・サッド/カタール)


今年1月のアジアカップで、こちらも大会新記録となる10アシストをマークし、エースのアリを支えたアタッカー。セビージャやビジャレアルのユースに在籍し、ベルギーのオイペンでプロデビューというチーム内では国際派のエリートだ。

ハサン・アル・ハイドス(アル・サッド/カタール)


現チームでは最多となる代表120キャップを誇るチームのキャプテン。2列目から正確なパスを供給しながら、自らもゴール前に飛び出していくスタイルが目を引く。

ブアレム・フーヒ(アル・サッド/カタール)


最終ラインでも、ボランチでもプレーできるユーティリティ性の高い選手で、センターバックに入る場合は彼がビルドアップの起点となる。アジアカップでは強烈なヘディングを決めるなどセットプレーも要注目。

アシム・マディボ(アル・ドゥハイル/カタール)


チームに欠かせない中盤の要。アンカーの位置で巧みにスペースを埋めながら守備に気を配り、正確なパスでゲームを作っていく。先のアジアカップでも職人技が光り、優勝に影ながら貢献。

アブデルカリム・ハサン(アル・サッド/カタール)


アフリカにルーツを持つ左サイドのダイナモ。DF登録ながらウイングバックとして高い攻撃能力を発揮するプレーヤーで、2018年のアジア年間最優秀選手賞受賞者。

タレク・サルマン(アル・サッド/カタール)


元々は守備的MFだが、フェリックス・サンチェス監督の下ではセンターバックとしてプレーし、後方から的確なパスをさばく。アンカーのように振る舞うプレーも得意で、戦術的インテリジェンスが高い選手だ。

サード・アル・シーブ(アル・サッド/カタール)


カタール代表、不動の守護神。今年のアジアカップでは大会7試合すべてでゴールマウスを守り、失点を決勝の日本戦で喫したわずか「1失点」で乗り切って、大会ベストGKに輝いた。

フェリックス・サンチェス監督


スペインのカタルーニャ出身で、バルセロナのユースでも指導歴がある。2006年からカタールのアスパイア・アカデミーで指導者を務め、アンダー世代の代表監督を経てカタール代表監督に。2019年のアジアカップで見事チームを初優勝に導いた。

文=寺沢薫

コパ・アメリカの注目選手たちのバックナンバー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング