2019.06.10

ネイマールの代役はなぜウィリアン? ブラジル代表監督が語るその理由とは

ウィリアン
ネイマールの代役としてブラジル代表に招集されたウィリアン [写真]=Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 コパ・アメリカの開幕が迫る中、攻撃の中心として欠かせないネイマールが、カタール代表との親善試合で右足首を捻挫。エースの代表離脱に伴い、ブラジル代表を率いるチッチ監督はその代役に30歳のウィリアンを指名した。

 この件については、ブラジル国内でも「なぜウィリアン?」という疑問の声も少なくないのだが、果たして指揮官はなぜウィリアンを追加招集したのだろうか?

 チッチ監督が重視したのは、ベテランであるがゆえの経験値の高さ。今回のコパ・アメリカに臨むべく招集されたブラジル代表のFWのうち、ロベルト・フィルミーノを除いた3人は21~22歳と若い。そこでチッチ監督は、豊富な経験を若手に伝授する役割も兼ねて、ウィリアンを最適な選手と判断したという。

 ネイマールの代役にウィリアンを選んだ理由について、チッチ監督は下記を挙げている。

1.フィルミーノを除いた選手は才能に溢れるが、若く、経験に乏しい。そこを補えるのはベテランしかいない。ウィリアンはその役割として適任。

2.ビニシウス・ジュニオールは将来性豊かな才能の持ち主だが、短期間でチームの戦術に順応するのはさすがに難しいだろう。その点で柔軟性に富むウィリアンならば計算もできる。

3.今シーズンのチェルシーにおいて、ウィリアンはスタメンもリザーブも両方を経験し、どんな状況においてもチームのために尽力して計56試合に出場した。そしてUEFAヨーロッパリーグ制覇にも貢献する活躍を見せた。豊富な国際舞台での経験は、セレソンでもベストを尽くせる選手として評価できる。

 果たして、ネイマールの代役人事は吉と出るか、凶と出るか。コパ・アメリカにおけるブラジル代表は、現地時間の6月14日21:30(日本時間の6月15日9:30)、ボリビアとの開幕戦に登場する。

(記事提供/Cartao Amarelo)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング