2016.06.04

右手指骨折もエースの使命果たす…コスタリカ代表FWサボリオ、初戦出場へ

サボリオ
DCユナイテッドでプレーするコスタリカ代表FWアルバロ・サボリオ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 5月27日に行われた国際親善試合のベネズエラ戦で右手指を骨折したコスタリカ代表FWアルバロ・サボリオ(DCユナイテッド)。

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016欠場も危ぶまれたが、本人は大会初戦となる4日のパラグアイ代表戦への出場に強い意欲を見せているようだ。コスタリカ紙『ラ・ナシオン』電子版が報じた。

 コスタリカは現在、フロリダ州オーランドでキャンプを張っているが、サボリオは患部を包帯でぐるぐる巻きにした状態で練習に参加。

 地元チームとのトレーニングマッチでゴールを決めるなど、エースストライカーにふさわしいパフォーマンスを見せている。

 ギプスで患部を固定した状態で試合に出場するのは禁止されているため、パラグアイ戦でも同じように包帯を巻いた状態でプレーすることが予想されるサボリオ。

 多少の接触プレーでも激痛が走るはずだが、2014年ブラジル・ワールドカップも直前に足を骨折して欠場を余儀なくされているだけに、並々ならぬ決意で今大会に挑むはずだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る