2016.06.04

メッシ、今なお痛みが引かず…「この状態が続けば初戦には出られない」

メッシ
5月27日に行われたホンジュラス戦で負傷したメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 6日にコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の初戦でチリ代表と対戦するアルゼンチン代表だが、キャプテンを務めるFWリオネル・メッシ(バルセロナ)不在での戦いを強いられるかもしれない。アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が2日に伝えている。

 メッシは5月27日に行われた国際親善試合のホンジュラス戦で相手選手と交錯し、腰を強打。「左側肋骨周辺の軟部、および腰部の椎骨の挫傷」と診断され、その回復具合に注目が集まっていた。

 順調に回復しているという報道もあったが、同紙によると、メッシは関係者に対して次のように語ったという。

 「状態は厳しい。ものすごく痛い。この状態が続くようなら、チリ戦ではプレーできないだろう。今後どうなるか、様子を見なければならない」

 メッシは2007年から2009年にかけて410万ユーロ(約5億円)を脱税した疑いをかけられ、2日にバルセロナの裁判所に出廷。4日にアメリカ入りする予定となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る