FOLLOW US

34歳イグアイン、今季限りでの現役引退を発表…レアルやナポリなどで通算364ゴール

今季限りで現役を引退するイグアイン [写真]=Getty Images

 3日、インテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 1987年生まれで現在34歳のイグアインは、母国アルゼンチンのリーベル・プレート出身の点取り屋。2007年、当時19歳にしてレアル・マドリードに加入すると、スペインの名門では6年半の所属で計121ゴールという数字を叩き出した。そして、カリム・ベンゼマとの競争に敗れる形で加わったナポリでは、その得点力がさらに爆発。公式戦146試合の出場で91得点を残し、2015-16シーズンにはセリエAのシーズン得点記録を更新(36ゴール)して得点王に輝いた。

 その後、2016年の夏には9000万ユーロ(当時のレートで約104億4000万円)という移籍金で国内のライバルであるユヴェントスに加入。ここでも通算66ゴールと結果は残したものの、徐々にその立ち位置は揺らぎ、ミランやチェルシーへの期限付き移籍も経験した。そして2020年夏からはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミでプレーすることとなり、アメリカの地で、2022年限りでの現役引退を決断した。

 “エル・ピピータ”の愛称で親しまれたストライカーは、アルゼンチン代表としても長年に渡って活躍。2009年にディエゴ・マラドーナ監督のもとでA代表デビューを果たすと、さっそくその試合でゴールを決め南アフリカワールドカップ出場権の獲得に貢献した。また、W杯本大会には3度出場し、14試合の出場で5ゴールを記録。2014年のブラジル大会ではリオネル・メッシらとともにチームを牽引し、決勝の舞台にも立った。代表チームでは、75キャップで通算31得点をあげ、クラブでの成績と合計するとプロキャリアでの通算得点数は「364」に到達している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO