FOLLOW US

ランゲラックがオーストラリア代表引退を発表「家族を最優先にすると決めた」

ランゲラックがオーストラリア代表引退を発表した [写真]=Getty Images

 名古屋グランパス代表GKランゲラックがオーストラリア代表を引退すると発表した。

 現在32歳のランゲラックは2013年10月11日に行われた国際親善試合のフランス代表戦でオーストラリア代表デビュー。これまでオーストラリア代表として8試合に出場している。
 
 ランゲラックは公式サイトを通じ代表を引退することを発表。1月に第二子となる女児誕生を発表していた同選手は、新型コロナウイルスのパンデミックもあり「家族を優先させたい」と決断したことを明かした。

「今回の決断は、僕のサッカー人生の中で最も難しい決断の一つだった。でも僕と僕の小さい家族にとっては正しい決断だったと思う。来年のワールドカップまでの国際試合のカレンダーを見て、キャンプだけでなく、その後の隔離期間も含めて、家族と離れて過ごす時間が長くなってしまうと考えた」

「家族や親しい人たちとヒザを突き合わせて話し合った結果、家族を最優先にすることを決めたよ。パンデミックでサポートを受けられない中家族を外国(日本)においておくことは自分自身が納得できないと思ったんだ」

 また、ランゲラックは「私のサッカールーズ(オーストラリア代表の愛称)でのキャリアを振り返ると、チームとして作り上げた特別な瞬間がハイライトとして思い浮かぶ」と振り返り、「ホルガー(オシェック)、アンジ(ポステコグルー)、グラハム(アーノルド)の下でプレーするのは楽しかった。(元サッカルーズのGKコーチである)トニー・フランケンと僕は長い道を歩いてきた。彼はファンタスティックなコーチだよ。僕をチームに引き入れてくれていつも感謝している」とコメント。続けて「次のワールドカップに向けての旅をするチームに参加できたことは素晴らしかった。選手、コーチ、スタッフが残りの予選でベストを尽くせることを祈っているよ」とエールを送っている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO