FOLLOW US

エジル、フェネルバフチェ加入がついに正式発表!…7年半過ごしたアーセナル退団

エジルのフェネルバフチェ移籍が正式決定 [写真]=Getty Images

 トルコ1部のフェネルバフチェが、アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルを完全移籍で獲得した。24日、両クラブの公式サイトが発表した。

 エジルはトルコにルーツを持つ現在32歳。ドイツのゲルゼンキルヒェンで生まれ、2006年に地元クラブのシャルケでデビューを飾った。2008年1月に加入したブレーメンで一躍ブレイクを果たし、2010年夏にはレアル・マドリードへと完全移籍。“白い巨人”では公式戦通算159試合の出場で27ゴール80アシストを記録し、2010-11シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献した。2013年9月2日にはレアル・マドリードからアーセナルへ、当時のクラブ史上最高額となる4200万ポンド(当時レートで約62億円)で完全移籍した。

 アーセナルでは、加入直後から絶対的な司令塔として君臨。公式戦通算254試合の出場で44得点71アシストを記録し、4度のFAカップ優勝などを経験した。2018年2月に2021年6月末までの契約延長で合意し、クラブ史上最高額となる35万ポンド(約4900万円)の週給を受け取っていた。

 しかし、近年は監督交代やコンディション不良の影響もあり、徐々に出場機会が減少。昨年3月7日に行われたウェストハム戦以降は公式戦に出場していない。今シーズンはミケル・アルテタ監督の構想外となり、ヨーロッパリーグおよびプレミアリーグの登録メンバーから外れていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO