FOLLOW US

イタリア、レヴァンドフスキらを完封でポーランド下す!…最終節を前に首位へ浮上

ポーランドを2得点で下したイタリア [写真]=Getty Images

 UEFAネーションズリーグが15日に行われ、リーグAグループ1の第5節でイタリア代表とポーランド代表が対戦した。

 新型コロナウイルスや負傷により多くの主力選手を欠くイタリアは、FWロレンツォ・インシーニェやFWフェデリコ・ベルナルデスキ、MFジョルジーニョらをスタメンに起用。一方のポーランドはこの試合も前線に大エース、FWロベルト・レヴァンドフスキを配置して臨んだ。

 試合は20分、ホームのイタリアがビッグチャンスを迎える。右サイドを突破すると、深い位置からのMFニコロ・バレッラの折り返しに、中央のインシーニェが合わせる。右足のシュートはゴールネットを揺らし、先制したかに思われたが、これはオフサイドがあったとして取り消された。

 しかしなおもチャンスを作るイタリアは26分、クロスに合わせようとしたFWアンドレア・ベロッティがマークのDFに倒され、PKの判定に。これをジョルジーニョがきっちりと決め、改めて先制に成功する。前半はイタリアが主導権を握ったまま、1-0でハーフタイムへと突入する。

 リズムの掴めないポーランドは、後半からMFピオトル・ジエリンスキら3枚の交代カードを切って流れを変えにかかる。しかしそれでも、イタリア守備陣の前に決定機を作らせてもらえず、時計の針だけが進む展開に。すると77分、途中出場のMFヤツェク・ゴラルスキが2枚目のカードをもらって退場となり、1点ビハインドのポーランドはさらに不利な状況に陥る。

 一気に優位に立ったイタリアは83分、インシーニェのパスを途中出場のFWドメニコ・ベラルディがエリア内で受けると、カットインから得意の左足でシュート。GKの逆をついてニアへと沈め、これが試合の行方へ決めることとなった。

 試合はこのまま終了。イタリアはポーランドを抜いてグループ首位に立ち、最終節で勝利すれば決勝ラウンド進出が決まる状況に。一方のポーランドはイタリアにも勝ち点で抜かれ、1位から3位に後退することとなった。

 グループステージ最終節、イタリア代表は18日にアウェイでボスニア・ヘルツェゴビナ代表と、ポーランド代表は同日にホームでオランダ代表と対戦する。

【スコア】
イタリア 2-0 ポーランド

【得点者】
1-0 27分 ジョルジーニョ(PK/イタリア)
2-0 83分 ドメニコ・ベラルディ(イタリア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO