FOLLOW US

スアレスがMLSからのイブラ越え巨額オファーを却下…欧州でのプレーを希望か

バルセロナ退団が噂されるスアレス [写真]=Getty Images

 バルセロナからの退団が噂されるウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、インテル・マイアミからの巨額オファーを断っていたようだ。19日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナの新指揮官となったロナルド・クーマン監督に、事実上の戦力外通告を言い渡されたスアレス。その移籍先に関して様々な憶測が流れているなか、33歳のストライカーは、インテル・マイアミからの巨額オファーを断ったようだ。スアレス本人にヨーロッパを離れるつもりはなく、世界最高レベルでのプレー続行を希望しているという。

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ。今夏大型補強を進める同クラブはスアレス獲得に向け、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(元ロサンゼルス・ギャラクシー所属)や同クラブのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの契約を超える、MLS史上最高額の年俸950万ドル(約10億円)のオファーを提示していたと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA